X
年始年末セール

Apple App StoreはiOSデバイス (iPhone/iPad/iPod touch)のフラッグシップサービスです。長い開発時間を経て、Appleはまったく新しいiOS 11とApp Storeを同時に生み出しました。これはiOS 10を発表した以来iOSシステムにとって最大のアップデートです。この新しいシステムの安定性はどのスマートフォンシステムよりも高いですが、Appleサーバーの問題や悩ましいトラブルがあるので、機能がうまく動作しない場合もあります。数あるバグの中、アプリがダウンロードできない、アプリインストールやアプリの自動アップデートなど、使用者からの苦情が次々と寄せられています。
もしiPhone/iPad/iPod touchをiOS 11にアップデートしてから、アプリのダウンロード、インストールやアップデートができないなら、心配しないでください。これはよくある問題です。この問題を解決するために、我々が一番の解決方法を勧めましょう。すべての方法は以下の通りです。手順通りに動いてください。もしひとつの設定が終わったら、次に進みましょう。

目次
方法1 あらかじめiOSデバイスのインターネット接続を確認
方法2   iOSデバイスのストレージスペースをチェック
方法3   Apple IDやお支払い方法の情報を確認
方法4   iOSデバイスの設定からアプリを削除
方法5   iPadや iPhoneの日付や時刻をチェック
方法6   iPhoneや iPadを再起動させる
方法7   iOS 11以降のシステム設定をリセット
方法8   リブートもしくはハードリセットを行い、メモリ(容量)を軽くする
方法9   サーバーの反応やインターネットの接続を少しだけ待ってみる
方法10   iTunesと同期してみる

appstore ダウンロード できない

iPhoneや iPadでiOS 11対応のアプリのダウンロード、インストール、アップデートが出来ない時の対処法


方法1 あらかじめiOSデバイスのインターネット接続を確認


オンラインコンテンツをダウンロードするにはWi-fiやモバイルデータ通信、二つの選択肢があります。まずWi-fiを使ってApp StoreやiTunes Storeからダウンロードする方法をおすすめします。
Apple Storeの場合、次のステップへ進む前に、iOS端末がインターネットと接続していることを確認してください。iOS11以降のiPhoneやiPadでのWi-fiの接続をチェックしましょう。
もしWi-fiに接続できない場合、モバイルデータ通信でアプリのダウンロードやアップデートを行うことになったら、スマートフォンのネットスピードが十分速いであることを確認しましょう。設定アプリでモバイルデータ通信をオンにして以下の手順に備えてください。

「設定」アプリを起動する→「モバイルデータ通信」を見つける→「モバイルデータ通信」をオンにし、スクリーンを下へスライドして「App Store」を選ぶ→「App Store」をオンにしてください。
もしアプリはインストール済みで、モバイルデータ通信でそのアップデートデータのダウンロードができない場合、次の方法を試しましょう。
「設定」アプリを開く→「iTunes&App Store」をタップ→スクリーンをスライドし「モバイルデータ通信」がオン状態であることを確認しましょう。
もしインターネット接続が良くてもアプリのアップデートやダウンロードができない場合、二つ目の方法を試しましょう。


方法2   iOSデバイスのストレージスペースをチェック


iOSデバイスでアップデートしたアプリをインストールするにはストレージスペースが必要です。最新バージョンのアプリをiPadやiPhoneインストールするに必要なストレージスペースが足りない場合、問題が起こるかも知れません。この状況を打開するためには、以下の設定手順を従ってiOS11以降のデバイスのストレージ残量をチェックする必要があります。
 
16Gか32Gかのストレージメモリーを持つiPhoneやiPadの持ち主によくあることです。

 「設定」アプリ→「一般」→iPhoneストレージ(バックグラウンドアプリの上にあります)→アプリや写真などで構成されたチャートが現れます。
 また、AppleはiOS11のストレージを軽くするために写真最適化、ファイルレビュー、iCloudメッセージ、アプリオフロードなど、新しい機能を開発しました。アプリやゲームをiOS端末からアンインストールすることも削除することも必要ありません。


方法3   Apple IDやお支払い方法の情報を確認


利用者がほかのApple IDでアプリをアップデートできません。ダウンロード、インストール、アップデートする時、同じApple IDが必要です。お支払いの情報が足りないもしくは間違った場合、ダウンロードしたりアップデートしたりすることはできません。それであなたのカードは拒否されているかもしれません。
 
設定アプリでApple IDをチェック→「iTunes & App Store」をタップ。もちろん、設定アプリから飛行モードの上にあるユーザー情報をタップして、Apple IDをチェックすることもできます。


方法4   iOSデバイスの設定からアプリを削除


この方法は最新バージョンのアプリをインストールすることに役立ちます。もしお気に入りのアプリやゲームがアップデートできない場合、データを完全に削除したあと、もう一度App Storeからインストールしてみましょう。さて、どうやってiOS 11以降の機種でアプリを削除するんでしょう?
 
 「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」をタップ→スクリーンが完全にロードされるまで待ち、下へスライドして削除したいアプリ/ ゲームを見つけましょう。アプリをタップして「削除」アプリをタップすることで、アプリ削除の確認が出ます。 それにタップし、App Storeから再インストールしてください。アプリを削除してもデータは保存されるので、iOS 11アプリのオフロードを勧めます。


方法5   iPadや iPhoneの日付や時刻をチェック


一部のユーザーによると、iOS端末の地域、日付や時刻は自動的にもしくは偶然に変わります。正しいタイ ム ゾーンを設定したら、日付も時刻も元通りになります。 以下の手順でiOS 11以降のiOS端末で時間やデータを変換ことができます。
「設定」アプリを起動→「一般」→スクリーンをスライドし「日付と時刻の設定」を選びましょう。


方法6   iPhoneや iPadを再起動させる


普通デバイスを再起動させることで、アプリのダウンロードやインストール済みのアプリのアップデートができます。電源ボタンを使わなくてiPhoneをリブートできます。


方法7   iOS 11以降のシステム設定をリセット


もし以上の応急措置が全部駄目だった場合、iOS 11以降のiPhone SE、 iPhone 6/ 6sとその後のiPhone機種 、 iPad Air、 iPad mini、 iPad Pro、iPod touchの設定をすべてリセットしてください。
以下の手順通りにタップしてください:「設定」アプリ→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」。


方法8   リブートもしくはハードリセットを行い、メモリ(容量)を軽くする


電源ボタンやホームボタンを同時に十秒くらい押し続けます。同じボタンを押して再起動させましょう。 iPhone 7/ 7 Plus以降の機種をハードリスタートしてみてください。


方法9   サーバーの反応やインターネットの接続を少しだけ待ってみる


時に、反応の遅れにより、お持ちのiPhoneのApp StoreがApple App storeに繋がるにかかる時間は長いです。それまで気長に待ってみましょう。


方法10   iTunesと同期してみる


ステップ1 Mac またはWindowsパソコンで最新バージョンの iTunesを起動させ、スクリーンにある「App Store」をクリックしてください。
ステップ2 ご使用のiPhoneやiPadにダウンロードし、インストールしたいアプリを見つけてください。「入手」ボタンをタップしてください。Apple IDやパスワードを入力して、ほかのデバイスに送られた6桁の確認コードを入力しましょう。
ステップ3 ダウンロードが成功した後、USBケーブルを使ってお持ちのiOSデバイスをMac/PCに繋げて、iTunesで開いてください。次に、左のリストにある「App」をクリックし、隣の「インストール」ボタンをタップしてください。そうすることで、アプリをiOS 11以降の機種にインストールできます。

もしiOS 11以降のiPhone、 iPad、iPod touchで音楽、映画、着信音をダウンロードもしくはインストールできない場合、以上のステップを従い、問題を解決しましょう。
どの方法を使ってiPhoneやiPadでのiOS 11アプリのアップデート、ダウンロード、インストールできない問題を解決したかのコメントも大歓迎です。もしこの記事に記されていない方法を見つかりましたら、是非教えてください!

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   33   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾