X
年始年末セール

App Storeに接続できない


「どうしてApp Storeを開いたら真っ白しか見えない?どうしよう?」iOSユーザーなら、このような疑問がある方は少なくないと思います。今日はここでこの問題の解決案を出してみます。


App Storeに接続できない理由は主に二つあります:


1.、App Storeは元々不安定
App Store側のサーバーメンテナンスやサーバーの問題等があるかもしれません。


2、DNSが通信事業者に汚染されてアクセス不能
例を挙げますと、あなたはどこかへ行く場合、通信事業者に逆の方向を教えてくれたので、あなたは永遠に目的地に到着できなくなります。


では、どのようにApp Storeに接続できるでしょうか?
今回は3つの解決案を説明します。


1、再起動する
App Storeに再度ログインする、App Storeを再起動する、iPhoneを再起動する、VPNを「オフ」したり「オン」したりする……等の方法で少なくとも一つが必ず問題解決が可能だと思われます。


正常のiPhone再起動方法:電源ボタンを長押しして電源を切って、また電源ボタンを長押しして電源を入れます。

iPhoneを強制再起動する方法:iPhone 6sまでの機種はホームボタンと電源ボタンを同時長押し(一般的には5秒以上)して、アップルのロゴが出ると手放して、これで「強制再起動」が終わりました。iPhone 7の強制再起動は音量ボタン(ホームボタンではない)+電源ボタンを同時長押しします。

App Storeを再起動する方法:App Storeを開き、下側にあるボタンをどれか10回連続でタップしたら、App Storeのキャッシュを強制リフレッシュできる、App Storeのアクセススピードをアップできます。


2、DNSを変更する
モバイルデータの下で、DNSを変更するには専用のツールが必要です。

WiFi環境でなら、まずは「設定」を開き、「Wi-Fi」をタップしてから、接続されているネットワークの名前の右側の「i」をタップします。それからDNSのところをタップして「8.8.8.8」または「114.114.114.114」と入力します。

DNSを変更


経験を持っていれば、Apple DNSを利用するのが一番いいです。
Apple DNSを変更するのは、Appleサーバーを国内でスピードが一番速いサーバーに変更する、要するに一番速いサーバーを強制選択するということです。

Apple DNSを変更するには、Hostsを修正する、または専門性の高いアプリを利用してプロキシIPを修正する必要があります。


3、もう一ついい方法がある……
「設定」-「一般」-「言語と地域」を通じて、システム言語を英語にチェンジしてiPhoneを再起動して、それからApp Storeを開きます。これによって、App Storeのアクセス速度が上がるかもしれません。

以上はApp Storeに接続できない問題の解決法です、お役に立てるならよかったと思います。もし他の解決法がありましたら、是非コメントを残してください。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   2   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾