X
年始年末セール

iPhoneとiTunesの間の同期には、決められたルールがあります。一台のiPhoneは、一つのiTunesとのみマッチしていて、iPhoneの中のデータは、同期するiTunesに決められます。平たく言えば、Appleは、自分のiPhoneは、自分のパソコンのみと同期することを推奨しているということです。しかし、今になって、スマートフォンはほぼ誰でも持っていて、家族全員、夫婦二人が同時にiPhoneを持つのもおかしくありません。家にパソコンは一台だけなのに、同時に2台のiPhoneのデータを同期しなければならない時は、どうすればいいでしょうか。


iTunesで2台のiPhoneを同期するには、ライブラリーを分けて使用する必要があります。iTunesで違うライブラリーを作成し、違うiPhoneに対応させます。

Windowsのパソコンでの作成のやり方:「Shift」キーを押しながら、「スタートメニュー」からiTunesを起動します。そして、「ライブラリを選択」または「ライブラリーを作成」をクリックしてください。


でも、毎回違うライブラリーを起動して使い分けるのも、少々面倒だと感じる人も多いでしょう。また、操作を間違えれば、違うライブラリーのデータに上書きされる可能性だってあります!そのため、今回は一台のPCで複数のiPhoneを管理できるソフト、「FonePaw iOS転送」を紹介したいと思います。「FonePaw iOS転送」はiOSデバイス専用の管理ソフトで、1台のPCで2台、または複数のiPhone・iPad・iPodのデータを同期可能。iTunesの細かい同期手順を省けるので、ぜひおすすめしたいと思います。


Windows Version DownloadMac Version Download

一台のPCで複数のiPhoneを同期・管理


ステップ1、ソフトの操作
まずは、ソフトをパソコンにインストールします。「FonePaw iOS転送」は、直感的なデザインをしています。そのため、インタフェースもデータの種類で分類されて、様々なデータを同期することができます。iPhoneを接続すれば、ソフトはiPhoneを認識し、中のデータを確認することができます。

ソフトの操作

ステップ2、データをiPhoneからパソコンへ同期
基本的に、どの種類のデータも似たような操作で同期できます。例えば音楽をiTunesに同期する場合、「メディア」→「音楽」→「インポート/エクスポート」→「iTunesライブラリーへエクスポート」をクリックすれば、選択された音楽ファイルをiTunes側に同期できます。

iPhoneからパソコンへ同期

ステップ3、データをパソコンからiPhoneへ同期
データをパソコンから同期する時、「追加」ボタンでPCからファイルを選択し、同期することも可能です。

パソコンからiPhoneへ同期

このようにパソコンからデータを同期するには、追加の形になりますので、iPhoneの中のデータが消されることはありません。


ステップ4、複数のiPhoneの間に同期することも可能
2台のiPhoneを同時に接続すれば、直接データを片方のiPhoneに送ることも可能です!

複数のiPhoneの間に同期

対応するデータの種類
FonePaw iOS転送」は、音楽・写真・動画・電子書籍・ボイスメモ・着信音・連絡先などのデータの同期に対応しています。また、iTunesを回避することで、データが同期のために消される心配も要りません。もし2台以上のiPhoneを持っていれば、「FonePaw iOS転送」でデータを管理・同期することを是非オススメしたいと思います。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   691   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾