X

iPhoneが搭載されるメールアプリの見どころはGmailアプリをダンロードしなくてもGmailメールを受信することも出来ることです。

iOS11 Gmailのプッシュ通知


しかし、唯一の不足点はGmailのプッシュ通知できない仕様です。Gmailの新着メールを取得する方法は”フェッチ”もしくは”手動”の2択だけしか選択できず、それに15分ごとに「自動」受信するのが一番短い受信週波数です。


そのせいで、メールを利用するユーザは長い間にずっと専門のGmailメールアプリを使用しなければいけないでした。メール受信の遅延の問題を解決するには仕方がないことだと思っていました。


WWDCで、Appleは多くの機能を実現され、今回もこのGmail問題を解決しました。iOS 11はこの機能をアップグレードし、早期のテスト版も顺調となっています。


iOS 11のメールアプリはGmailの公式通知のように速いと推定されました。テスト版には、iPhoneの「自動」抽出計画の項目を選択するのは新たな更新のコツです。


ユーザーはiOS11でGoogle/Gmailアカウントとメールを通じて、この問題を解決できます。設定する方法は次のように:


1.「設定」アプリ内の「アカウントとパスワード」を選択します
2.「アカウントを追加」をタップします
3.Googleを選択します
4.アカウント情報を入力します
5.「アカウントとパスワード」に戻ります
6.「データの取得方法」の項目を選択します
7.「フェッチ」設定に通知項目があるので、ここからプッシュ通知をオンにします


また、iPhoneのメールアプリは電源がオンにしている状態で、且つWi-Fi環境下でのみプッシュ通知を受けることができるとのことです。しかし、iOS 10のメールの更新と比べて見ると、これは巨大な進歩となっています。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ