X
年始年末セール

    iPhoneに標準搭載されている「リマインダー」は毎日の生活を有効にし、とても便利なアプリです。リマインダーを使って、ToDoリストを入力して、毎日やるべきことや忘れてはいけないことなどを思い出させることができます。期日や場所も設定できます。例えば:決まった時間に英語の勉強をしたい、または近くに行った時に、書店に立ち寄りたい場合など、時間や場所を設定すると、指定通りに通知されるようになります。若し誤ってリマインダーのToDoリストを削除したら、生活はゴチャゴチャになるかもしれませんね。

今「FonePaw iPhoneデータ復元」さえあれば、そんな心配はなしです。簡単に消えたリマインダーを復元できます。リマインダーだけでなく、メモやカレンダー、ブックマーク、メッセージなどのデータを復元できます。まず無料版で試してみましょう。

iPhoneの消えたリマインダーを復元
モード1.iPhone本体からリマインダーを復元
モード2.iTunesバックアップからリマインダーを復元
モード3.iCloudバックアップからリマインダーを復元

Windows Version DownloadMac Version Download


これからのやり方でiPhoneのリマインダーを復元する前に、ソフトの表示通りiPhoneのロックを解除してください。

パソコン 信頼

モード1.iPhone本体からリマインダーを復元


ステップ1.「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動したら、iPhoneをパソコンに接続します。成功接続した後、「スキャン開始」をクリックします。それから、デバイスを分析し始めます。

「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動


ステップ2.分析が終わったら、スキャンがすぐ開始します。スキャンの結果は全てプレビューできます。復元したい「リマインダー」項目のデータを確認ができたら、「復元」ボタンを押します。

「復元」ボタンを押し


モード2.iTunesバックアップからリマインダーを復元


ステップ1.iTunesでバックアップを作ったことがあると、このモードを利用できます。「FonePaw iPhoneデータ復元」のモード2を選んでください。作成したバックアップファイルはすでに検出されています。復元したいバックアップを選んで、「スキャン開始」をクリックします。

バックアップを選んで、「スキャン開始」をクリック


ステップ2.スキャンが終わったら、「リマインダー」というカテゴリをクリックして中のデータを確認します。それから、「復元」ボタンをクリックします。

「リマインダー」で確認


モード3.iCloudバックアップからリマインダーを復元


ステップ1.iCloudでもバックアップを取ったことがあるなら、このモードを利用してiCloudからバックアップデータを抽出できます。もーど3を選んで、iCloudのアカウントとパスワードを書き入れます。

もーど3を選んで


ステップ2.登録したら、iCloudのバックアップファイルのリストから復元したいのを選んで、「ダウンロード」をクリックします。

復元したいのを選んで


ステップ3.ダウンロードが終わったら、検出したデータをプレビューして確認しましょう。復元したいリマインダーにマークを付けて、「復元」ボタンをクリックします。

「復元」ボタンをクリック


    「FonePaw iPhoneデータ復元」は「iOSデバイスから復元」、「iTunesのバックアップファイルから復元」と「iCloudバックアップファイルから復元」の三つの復元モードを提供しています。iPhoneデータをバックアップした場合、「iTunesのバックアップファイルから復元」と「iCloudバックアップファイルから復元」を選んで消えたデータを引き出せます。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   998   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾