iPhone/iPadを使って写真を撮っていますと、写真がどんどん溜り、空き容量が少なくなります。定期的にiPhoneやiPadの写真を整理しないと、動作が遅くなったり空き容量不足で写真が撮れなくなったりします。本日、iPhone/iPadの写真を整理・管理する方法を一緒に見てみましょう。

関連記事:
iPhoneの写真をPCに転送する方法
HEICファイルをJPGに変換する方法まとめ
iPhoneの写真をバックアップする方法

目次:
一、PC/MacにてiPhone/iPadの写真を整理する
二、iPhone/iPadの写真アプリで整理する
三、サードパティー製の写真整理アプリを使用する
四、クラウドストレージでiPhone/iPadの写真を管理する

  一、PC/MacにてiPhone/iPadの写真を整理する


iPhoneとiPadの中に写真がいっぱい入っていますと、iPhoneとiPadの空き容量が減り、正常に動作しなくなる恐れがあります。十分な空き容量を確保するには、写真をPCかMacに移して管理することが多いです。それでは、PCとMacでどのように写真を管理するのかについて見てみましょう。

    1、おすすめのWindows/Mac両方対応する写真管理ソフト


FonePaw iOS転送」を利用すれば、写真をiPhone/iPadからの取り出しからPCでのiPhone内部整理まですべて効率よく済ませます。このソフトは、Windows/Macに両方対応するため、どの機種でもすぐに利用できます。iPhoneやiPadからの写真をPCの導入も直感的にでき、従来のやり方より簡単に思えます。まずは、ソフトの無料試用版をダウンロードして、操作手順を見てみましょう。


Windows Version DownloadMac Version Download

始めるために、「ダウンロード」から「FonePaw iOS転送」をダウンロードしてインストールしてください。プログラムを起動すると、ケーブル経由でiPhone/iPadをパソコンに挿し込んでください。「FonePaw iOS転送」が自動的にiPhone/iPadの詳細を分析します。すると、下記のようなメイン画面が表示されます。

iPhoneをFonePaw iOS転送に接続

活用術1.PCでiPhone/iPadの写真を一括に削除
「写真」項目をクリックすると、動画を含むすべての写真アルバムはドロップダウン・リストに表示されます。「写真ライブラリ」をクリックして写真の整理画面に入ります。全部の画像を削除するには、まず四角形のチェックボックスにチェックマークを付ける、または一枚の写真を右クリックし、「全てチェック」をクリックすることによって、写真をまとめて一括選択することができます。次に、「削除」をワンクリックすれば、iPad・iPhoneの画像を一括に削除できます。

iPhoneとiPadの写真を削除

ご注意:現在「FonePaw iOS転送」は「写真ライブラリ」からの写真削除のみの対応ですが、今後も他の写真アルバムにも順次対応していく予定です。

また、閲覧したい写真をダブルクリックすることで、オリジナルサイズの画像が閲覧可能です。

iPhoneとiPadの画像を見る

活用術2.iPhone・iPadの写真をPCへ移動
もしiPhone・iPadの写真をPCに保存したいと思うと、「エクスポート」ボタンを選択し、「PCにエクスポート」をクリックしてください。そうすると、写真が自分で指定したフォルダに保存することになります。

右上の日付を選択すると、日付別に撮影した写真を表示させることができます。

iPhoneとiPadの画像をコピー

活用術3.iOSデバイス同士で写真を共有
前述したごとく、二台のiOSデバイスを「FonePaw iOS転送」に接続すると、写真の整理画面から「エクスポート」→iOSデバイスの選択肢が現れます。その選択肢をクリックすることで、写真が複数のデバイスに保存できます。

このプログラムが最大5台までのiOSデバイスを同時に管理できます。iPhone/iPad/iPodすべて対応しています。

iPhoneとiPadの写真を共有

活用術4.iPhone/iPadに写真フォルダを新規に作成
「写真」項目を選択し、「追加」ボタンをクリックします。「新規アルバム」をiPhone・iPadに追加する、またはフォルダ単位で写真をiPhone・iPadにコピーすることができます。

iPhoneとiPadにフォルダを追加

簡単にまとめますと、「FonePaw iOS転送」にできることは:

・大量の写真・画像を一括に削除
・写真・画像を自由にPCへ移動
・iOSデバイス同士で写真を共有
・PCで日付別に撮影した写真を表示
・iPhone/iPadに写真フォルダを新規に作成


iPhone/iPadに画像が大量に溜まった時、デバイス側で整理するのが見づらいこともありますので、PCでサクサク削除したり、移動したりできます。アルバムの作成も可能ですので、PCに移動にしても、iPhone/iPadに残すにしても、とても役に立つツールになっています。


Windows Version DownloadMac Version Download

2.Windows PCのエクスプローラーでiPhone/iPadの写真を整理


WindowsPCの本来の機能で、iPhone/iPadからすべての写真をPCに移動して保存することがあります。十分なバックアップがあれば、iOSデバイス側で確認する必要がないデータは、iOSデバイスから削除して、容量を節約できます。

事前準備:PCとiPhone/iPadを接続するUSBコードの用意
①PCの電源を入れます。
②USBコードでPCとiPhone/iPadを接続します。
③「コンピュータ」画面から接続したiPhone/iPadを探します。
※デバイス名が表示されます。
例:花子のiPhone…
④iPhone/iPadのデバイス名を右クリックし、「画像とビデオのインポート」をクリックし、保存先フォルダを選択してから、iPhone/iPad内の写真を一括でPCの指定の場所に取り込みます。
※USBコードでPCとiPhone/iPadを接続した後、「画像とビデオの読み込み」ダイアログ画面が表示され、自動的に写真を「ピクチャ」に取り込むことも可能です。

iPhoneを直接クリックして、ストレージを直接確認することで、画像をコピーすることもできます。

iPhone DCIMフォルダ

iPhone/iPadの写真をPCに移して管理できるようになりましたら、iPhone/iPadから写真を削除し、容量を確保できます。また、PCにて管理している写真をWindows フォトギャラリへ導入してスライドショーで映すか、動画にして閲覧するのもできます。

PCに保存した写真は、フォルダを作成して、日付や場所などのルールで振り分けることをおすすめします。そうすれば後日写真を振り返る時も手間がかからなくなります。

3.MacのイメージキャプチャでiPhone/iPadの写真を整理


Macには「イメージキャプチャ」というツールがあり、写真を取り込んで整理する時に使います。

事前準備:MacとiPhone/iPadを接続するUSBコードの用意
①Macの電源を入れます。
②USBコードでMacとiPhone/iPadを接続します。
③「Macintosh HD」>「アプリケーション」からイメージキャプチャを起動します。
④イメージキャプチャ画面の左側に接続したiPhone/iPadのデバイス名が表示されることを確認します。
⑤デバイス名を選択し、さらに取り込みたい写真を選択してから、「読み込む」をクリックします。
※すべての写真を取り込みたい場合、「すべてを読み込む」をクリックします。

iPhone/Macの写真をMacに取り込んでから、iPhone/Macの写真を必要に応じて削除もできます。
PCとMacで写真を管理する以外に、写真整理アプリもいろいろありますので、活用しましょう。よく利用される写真整理Appがなんなのか一緒に見てみましょう。

二、iPhone/iPadの写真アプリで整理する


iPhone/iPadの中に写真アプリがあります。PCとMacがない場合、写真アプリを利用して写真の整理をするのもよいのです。
写真アプリに自動的に写真を日付順に整理してくれる機能があります。また、アルバムを作成して、お好みに合した分類もできます。

*iPhone/iPad上で写真アルバムを作成する方法


1.写真アプリを軌道し、左上のプラスマークをタップし、「新規アルバム」を作成します。
2.「新規アルバム」画面でアルバムの名前を入力して、「保存」をタップします。
3.アルバム内に移動したい写真を選択し、「完了」をタップします。
4.作成したアルバムをタップし、中に移動した写真があることを確認します。

写真アプリ アルバム作成

写真アプリは実に簡単で操作しやすいです。しかし、写真アプリで整理した写真はiPhone/iPadの容量を使用していますので、定期的に写真の削除かクラウドストレージ/PC/Macへバックアップを行ってください。

合わせて読みたい:iPhoneの写真をバックアップする方法

三、サードパティー製の写真整理アプリを使用する


写真整理アプリの利用は、iPhone/iPadで利用するのもいいですし、PC/Macで写真を管理する時もその力を借りることができます。写真整理アプリを利用することで写真を整理するだけではなく、iPhone/iPadの容量節約にもなります。それに、iPhone/iPadから写真が見れますので、便利です。

1.さくっとシークレット
こちらはプライベートや安全性を重んじた写真整理用アプリです。さくっとシークレット、その名前の通り、人に見せたくない写真や重要な写真をサクサクと簡単に隠せる機能を持つ無料なアプリです。iPhone/iPadのパスコードとTouch IDをパスワードに採用できて、写真を二重に保護できます。写真のアルバムを作ったり、動画にしたりするのもできます。写真を一枚ずつ取り込むというのが不便と思われるかもしれませんが、無料で500枚まで写真が保管できるのでいいですよね。
プライベートや写真の安全保管を重んじる方にはピッタリな写真整理アプリです。

さくっとシークレット

合わせて読みたい:iPhone/iPadの中の写真を隠す方法

2.Scene
簡潔でシンプルなインターフェースをもった楽々写真整理アプリです。日付スライダー付きのため、過去の写真かどうか一目瞭然です。また、写真をニーズに合わせてフォルダー分けしてアルバムを作ることができますので、とても便利です。さらに、アプリから直接FacebookやTwitterに投稿できますので、非常に使い勝手です。それに、なんと写真一枚一枚にお好みのフレーズも追加できますので、楽しいです。

Scene

写真整理アプリで満足いただけない場合、クラウドストレージで写真を管理するという手もありますよ。さっそく見てみましょうか。

四、クラウドストレージでiPhone/iPadの写真を管理する


クラウドストレージは、簡単に言えばデータをネット上のスペースで管理する方法です。写真をネットのプライベートスペースにアップして、そこへアクセスすることで写真を確認することができます。クラウドストレージを利用すれば、自分がPCを持っていなくても、ネットにあるストレージにHDDのように写真を保管できます。iPhone/iPad本体から写真を削除して容量の節約が捗ります。

1.Dropbox


昔から有名なDropboxはクラウドストレージの一種です。無料版と有料版があります。無料版では、2GBまで利用できますが、有料版はいろいろなニーズに合わせています。複数の端末から、複数人で写真をシェアしたいときに非常に便利です。それに、写真を誤って削除しても30日以内であれば復元ができますので、安心です。

dropbox

2.Google Photo


Google PhotoはGoogleドライブを保管ストレージにしたデータ保管用のアプリです。簡単に言いますと、Google PhotoはGoogle PhotoとGoogleドライブが合体したアプリです。写真をGoogle Photoに導入した場合、写真がGoogleドライブに保存されたことになります。Google Photoに導入した写真はGoogleドライブに保管するだけではなく、写真の日付や画像によって写真の分類や、動画、スライドショーの作成や、写真の検索などの機能も持っています。無料で利用できる容量はびっくりするほど、なんと15GBもあります。さらに、iPhoneもAndroidもサポートします。写真の整理や写真の保管のために開発されたアプリといってもいいでしょう。

Google Photo

3.iCloud


iCloudはApple社が提供しているクラウドストレージです。無料で5GBまで利用できます。クラウドストレージなので、Apple IDでログインすれば、いつでもどの端末からもiCloudで管理している写真を見ることができます。Apple社のサービスだから、iOSだけに対応するでしょうと心配する方もいるでしょう。実は、iCloudはiPhone/iPad…だけではなく、なんとWindowsにも対応できます。それに、5GBだけでは足りないという方に、いろいろなニーズに対応した有料プランもあります。

iCloudドライブ


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1163   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾