X

「iPhoneの中の写真や音楽などのデータをバックアップする方法を教えてください。そろそろスマホが壊れそうなので、買い替えたときや急に動かなくなったときのためにスマホ内のデータを保存したいです。iPhoneにもパソコンにも初心者みたいなものなので、よろしくお願いします!」

―知恵袋


iTunesを使って、iPhoneの写真をバックアップする時に、どうしてもうまくいかない時もありますね。また、iPhoneにもパソコンにも初心者の人にとっては、iTunesでの操作が難しくて、うっかりしてデータを失う可能性もあります。したがって、ここで、iPhone管理のプロー―FonePaw iOS転送を強く勧めします。

「FonePaw iOS転送」はiPhoneのすべての写真をバックアップ&管理するソフトです。「カメラロール」「フォトストリーム」「フォトライブラリ」「アルバム」を含む写真を選択的にバックアップできます。その上、iPhoneからパソコンに画像を転送できますし、その逆にもできます。

もしiPhone中の写真を簡単な操作で一括バックアップしたい場合、同社のFonePaw iOSデータバックアップ・復元が適任です。これからこの二つのソフトでiPhoneの写真をバックアップする方法を紹介します。

1.「FonePaw iOS転送」でiPhoneの写真をバックアップする方法
2.「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneの写真をバックアップ
3. iCloudでiPhone写真をサーバーに保存する方法

「FonePaw iOS転送」でiPhoneの写真をバックアップする方法



Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1.iPhoneをPCに接続
上のWin/Mac「ダウンロード」ボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。「FonePaw iOS転送」をインストールして起動します。そして、iPhoneをケーブル経由でパソコンに接続します。


iPhoneをPCに接続

ステップ2.iPhoneの写真をバックアップ
画面の左側で「写真」→「カメラロール」を選択すると、写真を含むアルバム一覧が表示されます。パソコンへバックアップしようとする写真を一枚一枚選びたいなら、右クリックで「チェック」をいれます。全ての写真を選びたいなら、「全てチェック」をクリックします。そして、「エクスポート」→「PCへエクスポート」の順でクリックすれば、数秒だけで、iPhoneからパソコンに写真をバックアップすることができます。


iPhoneの写真をバックアップ

以上の方法で、ただ2ステップで、iPhoneからパソコンに写真をバックアップすることができます。 このチュートリアルは、iPhoneだけでなく、iPad/iPodとパソコンの間に写真をバックアップすることにも適用します。FonePaw iOS転送で、写真以外の素晴らしい機能を体験したいなら、いまからダウンロードして試してみましょう!

見逃しなく:PCからiPhoneに写真を送る方法


Windows Version DownloadMac Version Download

「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneの写真をバックアップ


「FonePaw iOS転送」と同じ会社から開発された製品「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」はiPhoneの写真を簡単に一括バックアップすることができます。もしご興味があれば、下のダウンロードボタンでソフトをダウンロードして試してください。

Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1.インストールされたソフトをすぐに起動しましょう。ホーム画面には三つの機能があります。iPhoneの写真をバックアップしたい場合は右下の「iOSデータバックアップ・復元」をクリックしてください。

iPhone バックアップ メイン画面

ステップ2.前に言った通り、このバックアップ機能によって写真を一括してバックアップすることができます。「iOSデータバックアップ・復元」をクリックして入た画面に「iOSデータバックアップ」ボタンを押してください。

バックアップ・復元 ホームページ

ステップ3.次にはデータをパソコンへ出力するため、USBケーブルを経由してiPhoneをパソコンに接続する必要があります。ちゃんと繋がったことを確認したら、画面に「スタート」ボタンで次のステップへ進みます。

バックアップモード選択

ステップ4.バックアップを始め前に、データの類別が選べます。写真のみをバックアップしたいだから、ここでは「写真」を選定し、「次へ」ボタンをクリックすると最後のステップへ進みます。

データ類別 選択

ステップ5.「iOSデータバックアップ・復元」はこれからiPhone中から写真をパソコンにバックアップすることを始めます。写真枚数やサイズによって、時間が掛かる場合もあります。完了までのバックアップ進みがソフトで確認できるので少し待ってください。

バックアップ 完了

以上ではパソコンでiPhoneの写真をバックアップする方法を二つ紹介しました。しかしもしパソコンがないなら、上記ソフトでiPhoneの写真をバックアップすることができません。そんな時は下記のiCloudでiPhoneの写真をバックアップする方法をご参考にしてください。

Windows Version DownloadMac Version Download

iCloudでiPhone写真をサーバーに保存する方法


無料で使用できるiCloudストレージは5GBのみですが、課金してストレージを増やしたら、Wi-Fi環境で大量の写真をiCloudでバックアップすることも可能です。次はその方法です。

ステップ1.写真をバックアップするのはまずiPhoneをWi-Fiに接続してください。そして「設定」Apple IDの順で開いて、そこから「iCloud」をタップします。中で「写真」をタップし、オンにします。

設定 icloud

ステップ2.画面を下部までスクロールすれば、「iCloudバックアップ」という項目が見えます。それをタップして開く後、次の画面で「iCloudバックアップ」をスイッチオンにしてください。これで手動で操作しなくても、一定の条件を満たせば、iPhoneの写真を自動的にiCloudにバックアップできます。

バックアップ 確認

ステップ3.「今すぐバックアップを作成」をタップして手動で写真をバックアップすることも可能です。バックアップする時間はWi-Fiの状況や写真の枚数などで決めます。

バックアップ 作成中

以上の方法はiOS 11での操作方法です。機種と搭載されているiOSのバーションによって、iCloudに入るステップが少し異なる場合があります。しかしiCloudに入たら各iOSバーションの操作手順も大体同じだから写真を簡単にバックアップされます。バックアップする前にサーバーストレージの空き領域をちゃんと確認しないとバックアップ失敗の可能性もあるからご注意ください。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1004   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ