X
年始年末セール

iPhoneでたくさんの動画やビデオを撮ってから、すぐに家族や友達と簡単に共有したいと思いませんか。いままでだと、動画やビデオをLINEで一つずつ送ったり、メールに添付したり、USBメモリーに保存したり、CD-Rにコピーしたりして共有していたかもしれませんが、それはちょっと手間がかかってしまいました。しかも、動画は画質が劣化してしまう場合もよくあります。

そんなときに使えるのが、プローなソフト―「FonePaw iOS転送」です。パソコンに接続するだけで、複数のiPhoneの間で動画を共有できます。さらに、iPhone とiPad、iPhone とiPodなど、最大5台のApple製品の間に動画を共有できます。ここで、iPhone自体に搭載しているAirDropを使う方法を含む二つの共有方法を説明しています。

Windows Version DownloadMac Version Download


AirDropを使ってiPhoneの動画を共有する方法


AirDropを使って、iPhoneの動画を共有することもできます。
①まず、Wi-FiとBluetoothがオンになっている状態を確認する。
②「写真」アプリを開き、左下のボタンをタップしてコントロール画面に入る。
③「AirDrop」→「全員」または「連絡先のみ」を選んで、共有したい動画をチェックする。

最後に近くのiOS端末同士のアイコンをタップすると、動画が共有できます。しかし、動画ファイルが大きすぎると、「AirDrop」より「FonePaw iOS転送」のほうが便利です。これから、「FonePaw iOS転送」でiPhoneの動画を共有する方法を紹介します。

iPhoneの動画を共有する方法


ステップ1.iPhoneをPCに接続
まず「ダウンロード」ボタンをクリックして、「FonePaw iOS転送」をパソコンにダウンロードします。そして、iPhoneをケーブル経由でPCに接続し、「FonePaw iOS転送」を起動します。
iPhoneをPCに接続


ステップ2.iPhoneの動画をPCに
iPhoneの下で、「写真」→「ビデオ」を選択します。次に、共有したい動画をチェックし、「エクスポート」→「PCにエクスポート」をクリックしてから、iPhoneの動画をPCに転送することができます。
iPhoneの動画をPCに


ステップ3.PCの動画をiPod、iPadに
次に、iPadまたはiPod touchを「FonePaw iOS転送」に接続して、「メディア」をクリックします。右側で「ムービー」→「追加」→「ファイル追加」をクリックし、転送したい動画を選択してから、PCからiPod、iPadに動画を共有することができます。

PCの動画をiPod、iPadに


以上のように、家族や友達にお好きな動画とか、自分で撮った動画とか、簡単に共有することができます。いかにファイルサイズの大きな動画でも、安全に共有できますから、ここでお勧めです。今の「FonePaw iOS転送」は三つのステップで動画を共有できます。弊社の技術チームは「写真」→「ビデオ」→「エクスポート」→「iPod、iPadに」二つのステップで済む機能の開発に取り組んでいます。将来はもっと簡単にiPhoneの動画を共有できます。

今すぐダウンロードして体験してください。また、「FonePaw iOS転送」を購入すれば、永遠に無料でアップデートすることができるし、よりよいアフタサービスも提供されます。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   698   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾