X
年始年末セール

    新品交換、iOSバージョンのアップデート、リセットなどの原因で、iCloudからバックアップを復元すると、完全に復元できない場合が多いです。また、iCloudバックアップからiPhoneの復元をしようとしても、なかなか終了しない場合もあります。この場合はやむをえず中止しかないので、一部のデータが復元できていない可能性が残っています。では、復元していないデータはどうしようもないですか?

いいえ、対処法があります。「FonePaw iPhoneデータ復元」を利用すれば、iCloudバックアップのデータを抽出できます。数ステップだけでデータを復元できます。簡単にiCloudから復元していないデータを取り戻せます。さっそく試してみましょう。


Windows Version DownloadMac Version Download


iCloudバックアップから復元できない時の対処法


ステップ1.iCloudにサインイン
「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動したら、モード3の「iCloudバックアップから復元」に入ります。指示のようにAppleIDとパスワードを正しく入力します。
「FonePaw iPhoneデータ復元」を起動


ステップ2.iCloudのバックアップファイルをダウンロード
登録した後、iCloudでバックアップしたファイルが表示されます。最適なバックアップファイルを選んで、「ダウンロード」をクリックします。
バックアップファイルを選んで、「ダウンロード」をクリック


ステップ3.iCloudバックアップからデータを復元
ダウンロードが終了したら、検出されたデータは全てプレビューできます。復元したいデータをチェックしてから、マークを入れて復元を実行します。
復元したいデータをチェック


    若しiTunesでバックアップもとっているなら、「FonePaw iPhoneデータ復元」のモード2を利用できます。バックアップを取ったことがない場合、モード1「iOSデバイスから復元」を使うと、連絡先やメッセージやメモなどテキストファイルを復元することができます。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1201   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾