「ディスクの管理」とは、Windows10に搭載されているディスク管理ツールです。「ディスクの管理」を使ってディスクの詳細を確認したり、ドライブ文字を変更したり、ボリュームをフォーマット、削除&作成したり、またはボリュームサイズを拡張・縮小したりすることができます。「ディスクの管理」ツールを使って様々なWindows問題を解決できます。例えば、Cドライブの容量が足りなくてWindows10の動作が遅い場合、「ディスクの管理」でCドライブの容量を拡張することが問題を解決できます。

Cドライブの容量を拡張するために、他のドライブの容量を減らすことが必要です。しかも、同一ハードディスクのボリュームしか利用できません。これからは同じディスクをCとDドライブに分けられている場合を例にして、Windows10で「ディスクの管理」機能の使い方を解説します。

ステップ1. Dドライブのデータを移動・バックアップする

「ディスクの管理」でボリューム(D:)を削除してパーティションをCドライブに譲れば、保管されたデータが消えてしまうので、できればDドライブに保存されているデータを他のドライブに移動・バックアップしておきましょう。

ステップ2.「ディスクの管理」を起動する

Windows10のデスクトップで左下の「スタート」ボタンを右クリックし、表示されたメニューにある「ディスクの管理」をクリックして起動します。

ディスクの管理

または、デスクトップ底部のタスクバーの検索ボックスに「コンピューターの管理」と入力してから検索結果にある「コンピューターの管理」をクリックします。左側の「ディスクの管理」をクリックして起動します。

コンピューターの管理

ステップ3.ボリューム(D:)を削除する

1.起動している「ディスクの管理」ウィンドウに各々のボリュームの状態や容量などの詳細を確認できます。ボリューム(D:)を見つけてからそこで右クリックし、表示されたメニューから「ボリュームの削除」を選択してください。

注意:灰色の斜線が描かれた背景はボリュームが選択されたことを意味します。

2.ボリュームが解放され、「未割り当て」領域となると、その領域をCドライブと合併することで容量不足のCドライブを拡張することが可能です。一般的に、ボリューム(D:)の容量が大きいので、一部だけをCドライブに分ければ十分だと思います。

ボリューム(D:)を削除する

ステップ4. Cドライブを拡張する

1.「ディスクの管理」ウィンドウでボリューム(C:)のところで右クリックして「ボリユームの拡張」をクリックします。

ボリユームの拡張

2.「次へ」をクリックし、「ディスクの選択」画面で「ディスク領域を選択」欄を設定して右下の「次へ」をクリックすると、ボリューム(C:)のサイズが拡張されます。その後、「完了」をクリックします。

ディスク領域を選択

注意:デフォルトでは、拡張する容量が最大値に設定されますが、必要によって自由に変更できます。

ステップ5.新しいボリューム(D:)を作成する

もし未割り当て領域が残った場合は、それを利用して新しいボリューム(D:)を作成しましょう。

1.残りの未割り当て領域で右クリックして「新しいシンプルボリユーム…」をクリックします。

新しいシンプルボリユーム

2.出てきた「新しいシンプルボリユームウィザード」画面で「次へ」をクリックします。「シンプルボリユームサイズ」の数値を変更せずに、「次へ」をクリックします。

3.「次のドライブ文字を割り当てる」にチェックを入れ、横のドライブ文字を「D」に設定してから「次へ」をクリックします。

4.「クイックフォーマットする」にチェックを入れて「次へ」をクリックすれば、新しいボリューム(D:)が作成され、パソコンからドライブとして認識されます。そして「完了」をクリックしてウィザードを閉じます。最後は元のDドライブに保存されたファイルを全部コピー&ペーストして、パソコンを再起動すればいいです。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾