X
年始年末セール

PDF文書から一部のページだけを再使用したい場合、ページの抜き出しをしなければならないです。ページ抽出という編集機能が付いているソフトは多くありますが、誰でも直感的に使用することができるわけではないでしょう。

PDF変換」というソフトを使えば、数クリックでPDFからページを抽出できます。操作画面が分かりやすいため、初心者でもすぐ使えます。それに、Adobe社が開発するPDF編集ソフトとして、「Adobe Acrobat」「ページを整理」ツールがあって、ページ抽出の場合に使用するのも便利です。

これからは、この二つのソフトを使って、PDFページの切り取りをする操作を詳しく説明します。PDFページの抽出作業に悩んでいる方はご参考してください。

一、「PDF変換」でページの抜き出しをするやり方
二、Adobe AcrobatでPDFのページを抽出する手順

一、「PDF変換」でページの抜き出しをするやり方


ページ範囲を指定し、変換する機能が搭載されているため、「PDF変換」ソフトはPDFファイルから特定のページを抜き出すことができます。これから、その抽出方法を説明します。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.ダウンロードボタンで「PDF変換」をダウンロードして、インストールしてください。ページの切り取りをするには、まずはソフトを実行してから、一番左上の「PDF逆変換」ボタンをクリックします。

メイン画面 PDF変換

2.「+」ボタンを押してから、PDFファイルを選び、あるいはPDFファイルを真ん中のブランクにドロップして、追加します。場合によって、変換先と保存先を決めます。

PDF変換 フォーマット選択

3.「ページ」列の「すべて」をクリックすると、「ページ範囲を追加する」画面が表示されます。抽出したいページ範囲を入力し、「追加」ボタンを押します。そして、「OK」「閉じる」の順にクリックし、設定を有効化します。「PDF逆変換」画面の「コンバート」ボタンを押すれば、特定のPDFページをほかの形式で抜き出します。

ページ設定

4.最後は抽出したファイルをPDFへ変換すればいいです。ソフトのメイン画面にある「PDF変換」ボタンをクリックし、ファイルを追加します。「フォルダへ保存」で保存先を指定して、「コンバート」を押します。これで、PDFから一部のページを切り取り、別のPDFファイルとして作成することが可能です。

変換リスト

二、Adobe AcrobatでPDFのページを抽出する手順


PDF編集ソフト「Adobe Acrobat」を利用する場合は、次のようなステップに従い、ページを抽出しましょう。

1. PDFファイルをAdobe Acrobatで開き、上部の「ツール」から「ページを整理」を選択し、ツールパネルを表示させます。

ページ整理

2.PDFファイルから切り取りしたいページのサムネールを選び、もしくは「ページ範囲を入力」でページ番号を入力します。ページ範囲の設定が完成したら、「抽出」アイコンをクリックしてください。

抽出

3.すると、次のようなツールバーが出てきます。「抽出後にページを削除」「ページを個別のファイルとして抽出」の前にチェックを入れることによって、選択したページを元のPDFから削除し、または単一ページのPDFとして抜き出すことができます。最後に、青色の「抽出」ボタンでPDFファイルのページを切り取ります。

ツールバー

Adobe AcrobatはPDF編集機能の面で優れているソフトですが、個人ユーザーが購入するには高価だと思います。これに対して、「PDF変換」は専門な編集ソフトではないけれど、PDFからページの抽出以外に、PDFを回転したり、PDFにパスワードを設定したりすることも気楽にできます。

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾