X
年始年末セール

最新のiCloudを使えば、iOS端末だけで古いiCloudバックアップを削除することができます。

もしあなたは過去に複数のアップル系デバイスを使用していたら、この方法はとても役に立ちます。もし過去に同じiCloudアカウントに複数のデバイスをリンクしていて、そしてそれらのデバイスはもう使用していないなら、そのデバイスのバックアップを取り除くことができます。方法は以下の通りです。

アップルの情報によると、iCloudのバックアップは、デバイスの設定、アプリデータ、iTunesの購入履歴、写真とビデオ、iMessage、テキストメッセージ、MMSメッセージ、着信音、健康データ、ホームキット設定、ビジュアルボイスメールパスワードなどで構成されています。このバックアップをそのまま放っておくと、デバイスの貴重なスペースはたくさん取られ、乱雑になることもあります。したがって、高い頻度で古いiCloudバックアップを削除したほうがいいです。


一、iCloudのバックアップをすぐに削除する手順
二、MacとWindows PCからiCloudバックアップを削除する方法

iCloudのバックアップをすぐに削除する手順


ステップ1.iOS端末で設定アプリを起動します。

iCloud バックアップ 設定 削除

ステップ2.プロフィールをタップします。

iCloud バックアップ 設定 アップル

ステップ3.次に、iCloudをタップします。

iCloud バックアップ 設定 選択

ステップ4.それから、「ストレージを管理」をタップします。

iCloud バックアップ ストレージ 管理

ステップ5.そして、「バックアップ」をタップします。

iCloud バックアップ オプション 削除

ステップ6.「バックアップ」セクションで、デバイスを選択します。

iCloud バックアップ デバイス

ステップ7.「バックアップを削除」をタップします。 最後に、「オフにして削除」をタップして確定します。

iCloud バックアップ 削除iCloud バックアップ オフにして削除

これで完成します。

以上はiOS上でのiCloudバックアップの削除方法についての説明でした。

それでもiCloudの容量が足りなかったら、まだ別の対処法があります。

関連記事:

iCloudストレージが足りない?この三つの方法で解決できる

MacとWindows PCからiCloudバックアップを削除する方法


コンピュータから不要なバックアップを削除することは、iOS上でするのと同じくらい簡単です。

・Macの場合


1、MacのAppleメニューから「システム環境設定」を入って、そこで「iCloud」をクリックしてから「管理」と進みます。

iCloud バックアップ 管理

2、次の画面に左側の「バックアップ」を選択し、右側にリストされたバックアップ履歴から不要なiOSデバイスを選択し、「削除」をクリックしてください。

iCloud バックアップ Mac

・Windows PCの場合


1、WindowsバーションのiCloudを起動して、「ストレージ」をクリックします。

2、次の画面に左側の「バックアップ」を選択し、右側にリストされたバックアップ履歴から不要なiOSデバイスを選択し、「削除」をクリックしてください。

iTunes バックアップ Windows

上記の手順通り、MacでもWindows PCでも簡単に不要なiCloudバックアップデータを削除することができます。もしストレージが容量不足になったら、この方法でストレージを解放して試しましょう。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾