X
年始年末セール

iPhoneを一定時間操作しないと、画面が自動ロックされて、スリープ状態になります。自動ロックまでの時間が早いと感じたら、設定で自動ロックまでの時間を変更しましょう。また、自動ロックまでの時間が長くと、バッテリーの消費が激しくなります。ここで、自動ロックを調整する方法について紹介しましょう。

一、iPhoneのスリープまでの時間を設定する方法
二、iPhoneがスリープしない時の対処法

iPhoneのスリープまでの時間を設定する方法


1.「設定」アプリで、「一般」を選択します。

2.「一般」メニューで、「自動ロック」をタップします。

3.ロック状態になるまでの時間を選択します。

Android スリープ モード ロック

初期状態は「1分」です。好きな時間をタップすれば、設定が完了します。

ここで、「しない」を選択すれば、スリープボタンを押さないと、iPhoneがスリープ状態になりません。iPhoneをスリープさせたくない場合、これを選択するといいでしょう。しかし、iPhoneをスリープさせないと、バッテリー消費量が多くなります。ですから、常時にスリープ「しない」と設定するのはおすすめできません。

iPhoneがスリープしない時の対処法


iPhone8とXでは、画面がつきっぱなしで、スリープ状態にならない問題があるようです。

問題が発生する場合、上記と同じ手順で、スリープまでの時間が「しない」と設定されていないかを確認しましょう。

もし問題が解決できない場合、iPhoneを強制再起動しましょう。

iPhone8とiPhoneXを強制再起動する方法:

音量「-」キーを押して離します>音量「+」キーを押して離します>電源ボタンを長押しします。

iPhone Xが有機ELディスプレイを使用しているので、スリープしないと画面の焼き付きが発生する可能性もあります。ですから、問題が発生する場合は注意しましょう。

現在、不具合が発生する報告が多いらしいです。iOSのバージョンアップデートで修正されるかもしれないので、気長で待ちましょう。そして、常にiPhoneを最新バージョンにアップデートしましょう。

以上で、iPhoneでスリープするまでの時間、およびiPhoneでスリープしない不具合が発生する場合の解決案について紹介しました。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾