デスクワーク作業を続けると、手や肘を痛めることがあります。特に長時間キーボードを使う人と、スマホを使いすぎた人の間に多発します。疲れる時、手で入力したくない際は、音声入力を使えば、ラクになることがあります。また、音声で入力するほうが、効率が上がる時もあります。

また、音声入力を使わないなら、この機能をオフにして、誤タップを回避することもできますので、今日は入力の速さだけではなく、精度も驚くほど高いiPhoneの音声入力について、詳しく解説します。

iPhone 音声 入力 機能


一、iPhoneの音声入力のメリット・デメリット
iPhoneの音声入力のメリット
iPhoneの音声入力ののデメリット
二、iPhoneの音声入力の設定
三、iPhoneの音声入力の活用

一、iPhoneの音声入力のメリット・デメリット


iPhoneの音声入力のメリット


1.入力が速い

人によって入力の時間の差がありますが、音声入力を使うと、手で入力するほうより早くなると感じた人は多くいます。時間を短縮したい人には、音声入力で入力のスピードが格段に上がるので試してみてください。

2.目が疲れる時に休められる

一日中デスクワークで疲れたあなたは再びパソコンやスマホの画面を見ようとは思わないでしょう。音声入力を使うと、話すだけなので、目をリフレッシュすると同時に仕事も進められます。もちろん、歩行中でも使えます。

3.指で入力できない時に

寒くて手が動かない時、手がびしょびしょ濡れている時、家事に忙しい時、とにかく指で入力できない時は音声入力を使うと助かります。

iPhone 音声 入力 メリット

iPhoneの音声入力ののデメリット


1.通信量がかかる

音声入力はネットにつながらなければ、声を文字に変更することが大変なことになります。その結果、通信量も結構かかります。よく音声入力を使っている人には、もし一ヶ月の通信量が足りたい場合、契約プランの変更をお勧めします。

2.バッテリーが減る

今のスマホは数多くの機能を持っていますので、べってりが減ることが速いです。頻繁に音声入力を使うと、べってりーが減らないわけがありませんので、それは使用上の注意点の一つです。

3.識別率は環境とアクセントによって変わる

音声入力は静かな空間で利用すると、きれいな声が識別され、文字転換も完璧ですが、もしにぎやかな場所だと、いろいろな人の声があり、音声入力で人の声を識別できなくなる可能性もあります。そして、もしアクセントがあれば、識別もしにくくなります。

二、iPhoneの音声入力の設定


まずは、音声入力のオン・オフを切り替える方法を見てみましょう。

1.iPhoneの「設定」→「一般」→「キーボード」のメニュに入ります。

iPhone 音声 入力 設定

2.音声入力をオフにする時、「音声入力をオフにする」をタップして、オフにできます。

iPhone 音声 入力 オフ

3.キーボードのメニューから、「音声入力」をオンにすれば完成。「音声入力を有効にする」をタップしてください。

iPhone 音声 入力 有効

本機能を利用する時、音声入力言語の設定も必要です。音声入力言語を選択した後、音声入力機能を起動する場合、決めた入力言語が自動的に表示されます。

iPhone 音声 入力 言語

ちなみに、iOS8.1以前のバージョンの場合、「一般」→「Siri」でSiriをオフにする必要があります。

三、iPhoneの音声入力の活用


1.iPhoneのキーボードの「マイク」を消せる

iPhoneのキーボードの画面は小さくて、特に文字を入力するときに、「言語変更」の隣の「音声入力」を押してしまうことがよくあります。音声入力の設定をオフにすれば、このマイクの印も無くなります。誤タップに悩まされている時はぜひ利用してみてください。

iPhone 音声 入力 マイク

2.記号の音声入力の方法

読んでそのまま入力できる記号はたくさんあります。
以下は主な記号の音声入力の方法です。

iPhone 音声 入力 シート

どうでしたか?音声入力を使うと、短時間内速く入力できるので、ぜひ試してみてください。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾