X
年始年末セール

パソコンを一定時間内で使わないと、エネルギー節約のために、「スリープ状態」になります。パソコンをそのまま放置してダウンロードや計算する場合、スリープ状態になるとパソコンの作動が停止します。こんな時、自動スリープをオフにしたいです。ここで、Windows7やWindows10でスリープ設定する方法を紹介しましょう。

一、Windows7でスリープ設定を変更する方法
二、Windows10でスリープ設定を変更する方法

一、Windows7でスリープ設定を変更する方法


スタートメニューで、「コントロール パネル」をクリックします。

Windows スリープ モード

コントロールパネルの画面で、「ハードウェアとサウンド」を選択します。

Windows スリープ モード ハードウェア

「電源オプション」「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をクリックします。

Windows スリープ モード 電源

ここでコンピューターがスリープ状態になるまでの時間を編集できます。ドロップダウンリストをクリックし、変更したい時間を選択して、「変更を保存」をクリックすればいいです。

Windows スリープ モード 変更

ちなみにノットパソコンの場合、「バッテリ駆動」と「電源の接続」が分けられて、設定をそれぞれ調整できます。

Windows スリープ モード 状態

二、Windows10でスリープ設定を変更する方法


スタートメニューをクリックし、「設定」を選択します。

Windows スリープ モード 設定

設定画面で、「システム」を選択します。

Windows スリープ モード システム

「電源とスリープ」をクリックします。

Windows 電源 切る 時間

ここで、ディスプレイの電源を切る時間とスリープ時間を設定できます。

Windows 電源 ターン 時間

設定を変更する場合、時間のドロップダウンリストをクリックし、設定したい時間を選択しましょう。

Windows 電源 PC 時間

パソコンをスリープ時間にしない場合、「なし」を選択しましょう。

ノートパソコンを使う場合、「バッテリ駆動」と「電源の接続」を分けて設定できます。

パソコンをスリープしないと設定する場合、電力の消費量が多くなりますので、注意しましょう。。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾