X
年始年末セール

MacBookキャッシュ削除


キャッシュはMacシステム或いはアプリでサービスを速く起動する必要なインフォメーションを貯蔵するファイルです。一般的に、もしスペースを釈放或いはソフトウェアの問題を解決するため不要なファイルを削除する場合ではないなら、この部分のデーターがMacBook Airにあることを気づかないでしょう。もし、MacBook Airで安全に削除できるキャッシュの探しと認識は難しいと思うなら、ここであなたにキャッシュをアクセスし、削除する方法を二つ紹介します。


下記もよく読められます:

・Macのジャンクファイルが多すぎ、1クリックで削除できるでしょうか?

・アプリ管理ソフトでMacのアプリを簡単にアンインストールする方法


    MacBook Airでキャッシュをアクセスする方法


アプリの動くため存在するファイル(キャッシュを含む)を貯蔵するMac OS 10.7 Lion, ~/LibraryディレクトリはMacシステムに隠れます。だから、手動でキャッシュをアクセスすることはちょっと難しいです。ここで、いくつの方法を紹介します。


1.「Go to the Folder」


「Command」+ 「Shift 」+ 「G 」キーを同時に押し、「フォルダへ移動」シートでフォルダの場所を入力します。「移動」をクリックすれば、ライブラリディレクトリが出ます。

「Go to the Folder」


2. メニューからアクセス


「移動」メニューを開き、「オプション」ボタンを押しさえすれば、隠されたライブラリディレクトリがメニューで表示されます。ライブラリディレクトリに何回もアクセスした後、「最近使ったフォルダ」メニューで簡単にこれを見つけます。


3. ターミナルを通じて、「Open」コマンドを使う


Finder で、「移動」>「ユーティリティ」をクリックし、「ターミナル」アプリケーションをダブルクリックして起動します。それから、「open ~/Library/」を入力し、ライブラリディレクトリにアクセスします。


MacBook Airでキャッシュを削除する方法


キャッシュフォルダを見つかった後、手動でキャッシュを削除できます。しかし、一部のアプリケーションは大切なファイルをそれらのキャッシュフォルダに貯蔵しますので、全てのキャッシュが安全に削除できるわけではありません。いろんなフォルダが~/ライブラリ/キャッシュにありますので、ユーザーが有用なファイルを誤削除した場合もよくあります。そういう訳ですから、FonePaw MacMasterの助けは必要になります。


「FonePaw MacMaster」はキャッシュのクリアプロセスを簡潔化にします。1クリックでキャッシュを検出だけではなく、キャッシュをアプリキャッシュ、システムキャッシュなどのカテゴリに分類することもできます。こうすれば、安全に削除できるファイルが明らかにします。


このアプリを使って、キャッシュのアクセスと削除は易くなりますから、Mac Storeで「FonePaw MacMaster」をダウンロードしてください。

Mac Version Download


ステップ1.「FonePaw MacMaster」を起動し、このアプリを通じて削除できるファイルがメイン画面で表示されます:ジャンクファイル、不要ファイル、古い大容量ファイル、重複ファイル、類似写真ファイル、アンインストーラ。キャッシュはジャンクファイルの中の一種類ですから、「システムジャンク」「スキャン」ボタンをクリックします。

スキャン


ステップ2.「FonePaw MacMaster」はキャッシュファイルを検出し、色んなカテゴリーに分類します。

カテゴリー 分類


ステップ3.不要なキャッシュを選択し、「クリーン」をクリックしてクリーンアップを実行します。

クリーン


上記の手順に従って、MacBook Airでキャッシュを安全に削除し、スペースを釈放できます。「FonePaw MacMaster」を使って、古い大容量ファイル、重複ファイル、アンインストーラまたはアプリデータの削除も可能になり、より多くのスペースが釈放されます。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾