X
年始年末セール

私たちはラップトップやデスクトップPCを利用して、勉強、仕事、ゲームなどをしてきました。そのため、私たちは重要なデータ、頻繁に使用されるファイル、デフォルトのコンテンツなど、多くのデータをコンピュータに保存するのです。ファイルがPCにあるかどうかは、WindowsPCからそのファイルが紛失して初めて分かることもあります。もっとも、それももう失った後のことですが。そこで、ファイルが永久に削除されないには、パソコンをバックアップする必要があります。この記事は、Windowsパソコンのバックアップを行うために必要な、3つのバックアップ方法を紹介するものです。

パート1:Windows内蔵バックアップ機能によるバックアップ
パート2:クラウドストレージサービスによるデータの保存
パート3:バックアップする前にデータを失われた時の対処法
Windowsバックアップに関するアドバイス

パート1:Windows内蔵バックアップ機能によるバックアップ


Windowsパソコンには、PC全体をバックアップできる内蔵機能があります。それによりパソコンのファイルを紛失することなく保護することができます。 Windows 10のシステムイメージを作成するのはシンプルですが、作成する際、ファイルを保存するのに十分な空き容量がある外部ドライブを使用することをお勧めします。それでは、Windowsのシステムイメージの作成とバックアップの設定方法を見てみましょう。

ステップ1.スタートボタンを押してコントロールパネルに入り、システムとセキュリティを開き、バックアップと復元(Windows 7)をクリックします。 Windows 10では、コントロールパネルで直接バックアップと復元(Windows 7)を入力すればいいです。

システム 復元

ステップ2.「システムイメージの作成」を選択します。バックアップデバイスが検索されます。ドロップダウンリストをクリックして、バックアップを保存する適切なハードディスクを見つけます。

注意:コンピュータが間違ってしまってもデータが失われないように、外付けハードドライブにバックアップすることをお勧めします。

システム バックアップ

ステップ3.バックアップ設定を確認してから、続行します。その後、Windowsのバックアップを開始します。

ヒント:左側にもう1つのオプション、「システム修復ディスクの作成」があります。それでコンピュータにエラーが発生したときにWindowsを復旧するのに役立つシステム修復ディスクを作成できます。

システム 修復ディスク

パート2:クラウドストレージサービスによるデータの保存


iPhoneやAndroidスマホと同様に、PCファイルをクラウドストレージに保存することもできます。オンラインアカウントを使ってのみ、Dropbox、GoogleドライブなどでWindowsコンピュータにデータを保存できます。アカウントにログインすると、クラウドストレージサービスは自動的にデバイスのファイルをCloudに同期させます。ただし、ファイルが多く、容量が大きい場合は、これらのクラウドサービスの無料プランは限られたストレージしか提供しないので、使用することをお勧めしません。

ブラウザで直接Googleドライブにアクセスしてパソコンデータを保存することもいいし、Google公式サイトからツールバックアップと同期をダウンロードしてから利用することもできます。

Google バックアップ

次にはツール「バックアップと同期」でWindowsのデータをバックアップする方法を紹介します。

1.Googleドライブをインストールして、Googleアカウントにログインします。

Google ログイン

2.Googleドライブにアップロードする特定のフォルダを選択します。

写真や動画などは、あなたの好みのクオリティが選択できます。また、Googleフォトにアップロードすることを認めれば、アカウントにログインした端末でそれらを表示され、確認することもできます。

Googleフォト 端末 確認

「マイドライブをこのパソコンに同期」のチェックボックスにチェックを入れると、マイドライブをこのコンピュータに同期させることができ、ドライブのファイルがPCに保存されます。

ファイル PC 保存

「開始」ボタンをクリックしてGoogleバックアップの設定を完了します。その後、タスクバーに「バックアップ&同期」アイコンが表示され、ワンクリックでWindowsデータを簡単にバックアップできます。

パート3:バックアップする前にデータを失われた時の対処法


パソコンのファイルをバックアップする前に、データを失われることもあります。この時は、「FonePaw データ復元」を利用して、データを復元してみてください。この「FonePaw データ復元」は専門の復元ソフトであり、削除されたファイルをスキャンして簡単な手順で復元できます。Windows 10/8/7 / XPのデータ復旧時に関する専門家とも言えましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

1. PCでFonePaw データ復元を起動し、復元するデータタイプと元の保存場所を選択します。

データ復元 メイン画面

2.コンピュータ上のファイルのスキャンを開始します。次に、すべてのコンテンツがそれぞれのフォーマットと保存パスを順にリストされます。

3.復元する必要があるものを確認し、選択します。「リカバリー」を押してWindows PCにエクスポートすることを実行します。

PC エクスポート

注意:スキャンした結果を表示するとき、検索ボックスでフィルタリングすることができます。また、オレンジ色のファイル名はファイルが削除されている意味で、黒色のファイル名はまだファイルが既存しているということです。

Windows Version DownloadMac Version Download

Windowsバックアップに関するアドバイス


・バックアップを作成するには、一つだけでは不十分です。2つのバックアップを作ったほうがよりいいです。要するに、重要なファイルをバックアップする時は違う手段を試す必要があります。そうすれば、その中の1つが紛失したり、バックアップ内容が完全でなかったりするときは、別のバックアップからデータを復元することができます。

・バックアップする前にデータが消えた、ということに悩んでいるのなら、実はソフトで復元できる可能性があります。「FonePaw データ復元」は、データ復元ソフトとしては、Windows PCから失われたファイルを復元することに長けていて、最も優れているデータ復元アプリになるようにテストされています。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾