Macを使えば使うほど、保存されたファイルが溜まって、本来の空き容量を食い込みます。Macの容量が大量に消耗されたら、ストレージデバイスの性能が低くなり、他のサイズ大きいファイルを保存したい時も保存できないことになるかもしれません。

ストレージのパフォーマンスを保持する為、常にMacの容量確認を行う必要があります。本記事では、三つのストレージ容量確認方法が提供します。Macのストレージに空き領域を作りたい方は関連記事も共に参考してください。

関連記事

Macのジャンクファイルが多すぎ、1クリックで削除できるでしょうか?
MacBook Air/Proで不要な大容量ファイルを削除する方法

目次

「FonePaw MacMaster」でMacの容量を確認する
「このMacについて」から容量を確認する
ターミナルでMacの容量を確認する

「FonePaw MacMaster」でMacの容量を確認する


まず紹介するのはFonePaw MacMasterというMac向けメンテナンスアプリでMacの容量を確認する方法です。複雑な操作は要らず、難しいコマンドの使い方が知らなくても大丈夫、アプリを起動するだけで一目瞭然のUIからMacのストレージ状況を把握できます。

一方、使いやすいMacクリーナーとして数多くの人々に愛用されている該当アプリを使えば、簡単に不要ファイルをクリーンアップすることが可能です。

1.下のダウンロードボタンを押せば、「FonePaw MacMaster」のダウンロードが始まります。フルー機能版に登録しなくても気楽にMacの容量を確認できます。それ以外、500MBまでゴミデータのクリーンアップが可能です。どうぞ無料体験してみましょう。

Mac Version Download

2.ダウンロードされたdmgファイルを実行したら、インストールに入ります。簡単にインストール後、「FonePaw MacMaster」を起動してください。そうしたらアプリのメイン画面に入れます。そこで、Mac全体のステータスを把握し、その中にストレージ容量も含めています。

MacMaster

もし利用可能の容量がかなり少ないだと判断したら、続いてはアプリのクリーンアップ機能に任せてください。

Mac Version Download

「このMacについて」から容量を確認する


アプリでMacの容量を確認する以外には、Macシステムメニューの「このMacについて」から直に確認することもできます。

1.まずはスクリーン一番左上にあるアップルボタンを押してから「このMacについて」を選択しましょう。

このMacについて

2.次には表示されたウインドウから「ストレージ」タブをクリックしてください。

ストレージ

3.最後、ストレージの使用状況、即ちMac容量の確認ができます。使用された容量が多い場合にはデータのロードスピードは少々遅いかもしれません。その時は気長く待ってください。

ストレージ確認

ターミナルでMacの容量を確認する


コード「df -h」をターミナルに入力すれば、搭載されたストレージの使用状況を一目瞭然に見えます。特に「このMacについて」の作動が遅い時役に立てますよ!


ターミナル Mac容量確認

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾