X
年始年末セール

Macのユーザにとって、容量を増設することもお金が掛かりますし、できるだけストレージを節約にしたいです。大容量のファイルとか、ファイルサイズが大きいなゲームをダウンロードした後も、Macはまだどれぐらいのストレージが残っているのか、ちょっと気になっていますね。

また、沢山のファイルがMacに溜まると、Macはどんどん動作が重くなったり、ストレージが不足と表示したりしかねます。

そのようの状況が出ないように、常にMacのストレージを確認することが肝心です。どれぐらいのストレージが残っているなら、適切な対応も取れますね。例えば、ストレージがほんの少しだけの空き容量になった場合、一刻もはやくMacから不要ファイルを削除する必要があることが分かります。

よりよくMacのファイルを管理し、またはMacをいつでも調子よく動作するために、常にMacのストレージを確認する方法を習う必要があります。さて、Macでストレージを確認し、また「FonePaw MacMaster」でストレージを確認して、ジャンクファイルを削除しましょう。

一、Mac上でストレージを確認する方法
二、ソフトを起動するだけでMacのストレージを確認できる方法
三、Macのストレージが不足になった時、空き容量を増やせる方法

一、Mac上でストレージを確認する方法


Macでストレージを確認する時、Macはファイルをその他、ムービー、アプリ、写真、オーディオ、バックアップのカテゴリ違う色で分けました。ユーザがどのカテゴリのファイルが一番ストレージを圧迫するか簡単に分かることで該当カテゴリのファイルを削除できます。

1、Macのデスクの最上部にあるアップルアイコンをクリックします。finder>「このMacについて」を順序に押してください。

Mac ストレージ 情報 メニュー

2、ポップアップの上部の「ストレージ」アイコンをクリックします。

Mac ストレージ 情報 確認

3、すると、Macに内蔵するSSDと外付けHDDのストレージ情報が見られます。

Mac ストレージ 情報 ディスク

この図から見ると、一番ストレージを占拠するのが「その他」と言うデータが分かります。これらのMacのストレージを占拠する「その他」のデータを削除することで、Macのストレージを救出できますね。

二、ソフトを起動するだけでMacのストレージを確認できる方法


MacにインストールしたFonePaw MacMasterを起動するだけで、ストレージの容量を確認できます。ご覧のように、ホーム画面ではMacのストレージを表示しています。

ソフトを開くだけですぐに確認できるのでクリックする手順も省けられます。容量の表示を随時に更新できますので、ストレージを整理する時に、容量情報をリフレッシュするために、一々ストレージ確認画面を閉じたり開いたりする必要もなく、MacMasterから簡単に確認することができます。一目でストレージの状態を確認する必要があるユーザには推奨できると思います。

Mac Version Download

プレビュー Mac 状況

三、Macのストレージが不足になった時、空き容量を増やせる方法


ここで、一言いいたいのが「FonePaw MacMaster」のクリーンアップする機能です。Mac全体をスキャンすることで、ジャンクファイル、古い大容量ファイル、不要ファイルなどを検出できます。本ソフトを通じてはユーザが快適にMacのストレージを解放できますので、面倒が嫌な方やあまり時間のない方にはすすめします。

1、左側リストから「システムジャンク」「古い大容量ファイル」を押します。

2、「スキャン」を押してMacへのスキャンを始めます。

3、スキャンが終了した後、削除したいデータにチェックを入れて、「クリーン」でMacから削除します。

ジャンクファイル Mac 古い大容量ファイル

Mac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾