X
年始年末セール

3Dブームは2009年キャメロン監督の大ヒット映画「アバター」から始まりました。数年後の今となっては、劇場で3D映画を見るのはすごく簡単なことになりました。ところで、3D映画は3Dテレビ、3Dグラス付きの2Dテレビ、3D再生に対応できるスマホ(例えばLGとHTC)や3DプレーヤーがあるMac或いはPCなどいろんな端末で再生できることはご存知ですか?そういう端末をお持ちなら、2D映画を3Dに変換するだけで、家でも3D映画を見ることができます!素晴らしいことじゃないですか!


2Dを3Dに変換するソフトなら、「FonePaw スーパーメディア変換」がオススメです。普通の2Dテレビでも3D効果を楽しめる赤と青のアナグリフの3D動画だけでなく、サイドバイサイドやトップ/ボトムの3D動画にも変換できます。出力フォーマットには3D MP4、3D MKV、3D WMV、3D AVIなどの3Dフォーマットがあります。更に、3D効果をリアルタイムでプレビューしながら、深さを0から50まで調整できます。 今すぐ試用版をダウンロードして、下記の手順に従って試してください!


Windows Version DownloadMac Version Download

2Dを3Dに変換する手順


ステップ1.2D動画を追加する
「FonePawスーパーメディア変換」をダウンロードし、インストールしてから起動します。メインウィンドウにある「ファイルを追加」ボタンをクリックして、変換したい2D動画を追加します。一括変換もう対応できますので、一回に2D動画を何個変換しても構いません。

2D動画を追加

ステップ2.出力形式を指定する
「プロフィール」をクリックし、「3D動画」を選択します。もしアナグリフ用3Dメガネをお持ちなら、再生するには特殊なデバイスやソフトなど一切いらない"MP4 アナグリフ 3D ビデオ (* mp4)"フォーマットを選ぶことがおすすめです。3Dデバイスをお持ちの場合は、ほかの3Dフォーマットにしても大丈夫です。

出力形式を設定

ステップ3.3D効果を編集する
「FonePaw スーパーメディア変換」には3Dに関する色んな設定があります。編集したい2D動画を選択し、「3D」ボタンをクリックして編集ウィンドウに入ります。ここで、3Dフォーマットや深さの調整などができます。もちろん、カッティングや効果の追加など基本の動画編集機能にも対応しています。

3D効果を編集

ステップ4.2Dから3Dへの変換を実行する
「変換」ボタンをクリックするだけで、後はプログラムが自動的に動作します。完成した後、出来上がった3D動画をデバイスに移行し、3Dメガネを掛けて、劇場並みの3D体験を家で始めましょう!ちなみに、3DファイルをYouTubeにアップロードしてシェアすることもできます。

2Dから3Dへの変換

最後に、裏ワザを一つ紹介しましょう。劇場で3D映画を見る時、ホールの中央にあたる列の真ん中の席に座ってください、そこは3D効果を一番楽しめる席となっています。家で3D映画を見たい方は、是非「FonePaw スーパーメディア変換」をダウンロードして、お試し下さい!


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   550   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾