日常生活の中、MP4形式の動画を他の人にシェアしたいが、通信状況が悪い場所にいれば動画ファイルの転送が遅くなることは時々ありますね。又はある動画の数秒間の画面のみシェアしたいが、動画全体を送らなければなりませんので莫大な通信料が発生されて困ることも珍しくないでしょう。

そんなことを避けるには、MP4動画をGIFに変換してから送るのがよりいいやり方だと思います。MP4ファイルよりサイズが小さくなGIF画像ならば、動画の面白い動きを保つながら数秒間の画面をループして再生できるので、転送しやすいの上で面白さを増えるというメリットがあります。故にこれからは簡単にMP4形式の動画をGIF画像に変換できる方法を紹介させてください。

MP4形式の動画をGIFに変換できるソフト【Win/Mac両対応】
●3ステップでGIFに変換できる
●GIFの画質を向上する為の機能
豆知識:録画ソフトでGIF作成する

MP4形式の動画をGIFに変換できるソフト【Win/Mac両対応】


これから紹介するのは「FonePaw スーパーメディア変換」というMP4動画をGIFに変換できるコンバータソフトです。普通のコンバーターならば変換された動画がGIFになったら画質が劣る恐れもあるが、このソフトならば画質増強機能も備えているので心配する必要がありません、おすすめです!

Windows Version DownloadMac Version Download

●3ステップでGIFに変換できる


1.ソフトを起動後、まずはGIFに変換したいMP4ファイルをソフトにドラッグ&ドロップして追加します。そしてGIFに変換したいシーンを切り取る為に、追加されたMP4ファイルを選択して、「カット」ボタンをクリックしてください。
(ビデオ自身が短くてカットする必要がない場合ではステップ3に進んでください。)

メディア変換 カット

2.進捗バーにおける二つ小さなマーカーによって、MP4ファイルをトリミングすることができます。トリミングされた部分が問題なく確認したら「OK」ボタンを押して、メイン画面に戻ります。

編集 ファイル トリミング

3.GIF変換の準備を全部整えたら、メイン画面で変換したいシーンを含んでいるセグメントを選んで、「プロフィール設定」を開いてから変換形式をGIFフォーマットに指定してください。「ループアニメーション」前のチェックも入れる方がオススメですよ。

メディア変換 ファイル追加

最後は「変換」ボタンを押してだけで、MP4をGIFに変換することができます。

メディア変換 変換

これで、MP4動画をGIFに変換する全手順が終わりました。

メディア変換 変換完了

●GIFの画質を向上する為の機能


GIFの画質を最優にする為に、メイン画面で「編集」ボタンを押してください。

編集ウインドウの「効果」タブで、自ら変換先の輝度やコントラスト、彩度等の数値を調整することが可能です。

メディア変換 ファイル追加

変換されたGIFが無断流布される心配があれば、「ウォーターマーク」機能で自由に自らの透かしを付けたらいいです。テキストタイプのウォーターマークをGIFに入れたら、スタンプの面白いセリフにもなりますよ。

メディア変換 ファイル追加

GIFに変換する前に、MP4のビデオノイズを除去することも画質を高めます。故に「強化」の機能タブに入ってから「高解像度」を有効にするのがおすすめです。

メディア変換 ファイル追加

豆知識:録画ソフトでGIF作成する


同社製品の「FonePaw PC画面録画」を使ったら、GIF形式で録画ビデオを出力することもできます。よかったらそれを使って自らのGIF画像を作成してみましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.まずは「環境設定」から出力ビデオのフォーマットをGIFに指定してください。

メディア変換 ファイル追加

2.出力先のフォーマットが決まったら、「動画レコーダー」に入って「REC」ボタンを押しだけでGIFに収録したい画面を録画することが始まります。

メディア変換 ファイル追加

以上の説明通り、「FonePaw スーパーメディア変換」と「FonePaw PC画面録画」を利用すれば、誰でも手軽に自分の好きな動画から一番面白いシーンをGIF画像に変換できます。Mac OSのユーザーでも、同じ手順に沿ってGIF作成することが簡単です。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾