X
年始年末セール

パワーポイントはマイクロソフトが開発したプレゼンテーションソフトで、アイデアの展示や発表会などの時によく使われています。
更なる表現力とインパクトを求めて、音声や動画などのマルチメディアをパワーポイントに埋め込むことも結構ありますが、時々再生できないというハプニングが起こります。
何で再生できないのか?まずパワーポイントが対応している動画・ビデオの種類を見てみましょう:

パワーポイントの対応動画

出典元:http://office-powerpoint.com/
実は、パワーポイント自身には動画を再生する能力がないので、Windows付属のMedia Playerの力を借りて動画を再生しています。だから、Media Playerが再生できないファイルは、パワーポイントに挿入しても再生できないのです。
でもある時、たとえ対応できると書いてあったフォーマットでさえ、コーデックの違いにより、再生できない場合もあります。どうにかして、より確実にパワーポイントに貼り付けた動画を再生できないでしょうか?
我々が出した答えは、パワーポイントに挿入したい動画をパワーポイント用に最適化した形式に変換することです。それなら、再生失敗の可能性を最小限に抑えられます。
そのために、まず必要とするのは、パワーポイント最適形式を対応している変換ソフトーー「FonePaw スーパーメディア変換」です。今すぐ下のリンクをクリックし、ダウンロードしてください!


Windows Version DownloadMac Version Download

パワーポイントに動画を入れ、再生する方法


Step 1.挿入したい動画をプログラムに追加
まずソフトをインストールし、起動します。紺色の「ファイルを追加」ボタンをクリックし、パワーポイントに入れたい動画を変換ソフトに追加します。直接動画ファイルをメインウィンドウにドラッグ&ドロップして、追加することもできます。

動画をプログラムに追加

Step 2.パワーポイント専用形式を選択する
ウィンドウの下にある「プロフィール」ボタンを押して、「PowerPoint」カテゴリーから気に入ったフォーマットを選択します。
パワーポイントに最適している形式を設定するのは元々一番難しいところだが、「FonePaw スーパーメディア変換」の力で難なくクリアできました。

パワーポイント専用形式を選択

出力形式を設定し終わったら、下の保存先欄の「参照」ボタンをクリックして、出力先(後で動画をパワーポイントに挿入する時に使える)を指定します。


Step 3.変換スタート
右下の「変換」ボタンをクリックして、変換を開始します。

変換スタート

Step 4.変換した動画をPowerPointに埋め込む
パワーポイントを新規作成して、挿入タグをクリックし、「ビデオ」の「ファイルからビデオ」を選択し、目当ての動画をパワーポイントに埋め込みます。

PowerPointに埋め込む

たったの一工夫で、プレゼンテーションをよりわかりやすく、魅力的に仕上げられます。 今から「FonePaw スーパーメディア変換」をダウンロードして、あなたのプレゼンテーションに花を添えましょう!

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   792   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾