iPhoneに保存した動画を視聴する時、或いはiPhoneで動画サイトの動画を再生する時、ビデオがうまく再生できなかったら本当に困りますね。iPhoneで動画が見れないエラーの対処法は原因によって異なりますので、ここでは各状況に対応する解決方法を説明します。

関連記事:
動画を無劣化に結合する方法
快適にPS4で動画を再生する方法

パート1、iPhoneで保存したビデオが再生できない時の対処法


1、動画の形式を変換

パソコンなどiPhone以外のデバイスからiPhoneに動画を転送しても、もしその動画の形式がiPhoneの対応できないフォーマットなら、iPhoneでその動画を再生ができません。その時には動画をiPhoneが対応する形式に変換する必要があります。

動画形式の変換をするには専門的な動画形式変換ソフト「FonePaw スーパーメディア変換」がお勧めです。このソフトは多種類な動画形式の変換に対応し、iPhoneで再生できない形式の動画もこれで簡単に変換されます。パソコンで動画を変換してからiPhoneに転送すれば、iPhoneで快適に動画を視聴できます。

Windows Version DownloadMac Version Download

インストールしたソフトを開けば、簡潔なメイン画面が表示されます。まず「ファイルを追加」をクリックし、iPhoneで再生できない動画をソフトのリストに追加します。

動画を追加

次は「プロフィール」から変換したい動画形式を選びます。メニューから選択して、もしくは検索欄で直接変換したい形式を入力して変換したい形式を見つけることも可能です。

変換形式選択

そして、「変換」を押せば、動画の変換が始めます。一度に複数の動画を変換することもできますので、大量の動画を変換したい時は操作の手間を省けます。変換後の動画をiPhoneに移行して、もう一度再生してみましょう。

動画変換

2、容量不足を解消

iPhoneの空き容量が少ないため、処理速度が遅くなり、動画や写真などのマルチメディアファイルがうまく再生できない、読み込めない場合もありますので、iPhoneでの余計なデータ、アプリを削除し、或いはiPhoneでのファイルをiCloud・iTunesなどにバックアップすることで、容量不足を解消してからもう一度動画を再生してみましょう。

iPhone動画再生できない

パート2、iPhoneでサイトの動画が再生できない時の対処法


1、ブラウザのキャッシュを削除

iPhoneブラウザでの各Webサイトはキャッシュが多すぎて溜まっている場合、サイトの動画(特にニコニコ・YouTube・FC2など動画サイトの動画)を再生できなくなる恐れがあります。対策として、まずはiPhoneでのブラウザ履歴やWebサイトデータなどを消去してください。

ブラウザキャッシュ削除

2、インターネット環境を改善

通信環境が悪い原因で、動画サイトのビデオが再生できないことは珍しくありません。その場合には信号悪いところでデータ通信量で動画を見るより、安定かつ信頼できるWi-Fiを利用して動画を再生することをお勧めします。

3、モバイル通信の制限を解除

スマホのモバイル通信量を使いすぎて上限を超えると、通信速度が遅くなります。そうなると動画の再生もできなくなり、もしくは重くなるでしょう。その状況でもモバイル通信でサイトから動画を見たいなら、追加データ容量を購入する方がいいかもしれません。

4、iPhoneを修理に出す

最悪の場合、iPhone本体に何かの故障や部品損害の原因で、動画を再生できないなら、自力で問題を解消するのは難しいです。こういう時はAppleストアもしくは専門の修理店などにiPhoneを修理に出すことをお勧めします。

おまけ:パソコンで再生できないiPhone動画について


iPhoneで撮った動画はMOV形式で保存されますので、動画をパソコンやほかの端末に転送した後、もしプレイヤーがMOV形式に対応せず、iPhoneからの動画を再生できない場合があります。そういう時は上記紹介した動画形式変換ソフト「FonePaw スーパーメディア変換」で、MOV形式のiPhone動画を他の形式に変換してから、プレイヤーで再生してみましょう。

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾