X
年始年末セール

Appleブームが続く中、「iTunesで再生できる動画フォーマットとはなんでしょうか?」みたいな質問がFAQサイトや掲示板などで続出しています。それはAppleシリーズのiPod、iPhoneやiPadで動画を見る人がどんどん増えているからです。パソコンにある動画をiPod、iPhone、iPadなどに入れるためには、必ずiTunesを通さなければなりません。でも、iTunesが認識できる動画フォーマットは限られているから、時々動画が認識されず、再生できないことが起きます。
そんな時のため、まずiTunesで再生できる動画フォーマットの種類及びそのフォーマットへの変換法を知っておくべきだと思います。

まず、iTunesに取り込める動画の種類はH.264(.m4v)、MPEG-4(.mp4)、QuickTime(.mov)、3GPP(.3gp)、3GPP2(.3g2)などの形式があります。違う形式の動画をiTunesに入れるには、iTunesに向けてフォーマット変換する必要があります。
これから紹介するiTunes向け動画変換法で使っている動画変換ツール「FonePaw スーパーメディア変換」は簡単な3ステップで動画のフォーマットを変換できる便利なソフトです。人気のApple製品やAndroidデバイス向けの動画・音声フォーマットもプリセットしており、事前にそのデバイスに最適なフォーマットを調べなくても、指示とおり操作すれば簡単にスマホ最適動画、或いはiPhone動画形式に変換できます。

ただいま無料体験キャンペーン実施中、是非試用版をダウンロードして試してください!

Windows Version DownloadMac Version Download

iTunes向けの動画圧縮法


ステップ1:変換したい動画を「FonePaw スーパーメディア変換」に入れる
先程インストールした「FonePaw スーパーメディア変換」を起動します。下記のような画面になったら、変換したい動画をプログラムに入れます。

プログラムを実行

動画を入れる方法:
その一:そのまま動画をソフトのウィンドウ内にドラッグ&ドロップします。
その二:紺色の「ファイルを追加」ボタンをクリックし、変換したい動画をプログラムに追加します。(「フォルダを追加」機能で一括追加もできます)


ステップ2:出力形式を指定
下にある「プロフィール」をクリックして、プリセットしてあるフォーマットの中から目当てのフォーマットを選択します。 iTunes向けに動画変換する場合、iTunesを通して入れたいデバイスにあわせてフォーマットを選んだほうがいいと思います。
「FonePaw スーパーメディア変換」にはApple製品のiPod、iPhone、iPad、そしてApple TVに最適な動画フォーマットもプリセットしており、その中からひとつ選んでください。

出力形式を指定

ステップ3:変換スタート
すべてが設定し終わったら、右下の「変換」ボタンを押して、変換開始します。

変換スタート

この簡単な3ステップでどんな動画もiTunesで再生できるようになれます。今すぐ上記のステップに沿って、実際に試してみましょう!

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   669   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾