関連記事

【Mac】各種キャッシュの削除方法|アプリキャッシュ・システムキャッシュ
Macで重くなったSafariを高速化する方法

どれだけ優れたパソコンであっても、長時間使っていると動作がおかしくなったり、重くなったりすることを実感していませんか?最悪の場合、システムが起動しないことに至るかもしれません。

世界に愛されているMacも例外ではありません。しかし、Macに備わっているセーフモード(セーフブート)でMacを起動すれば、そのようなことを有効的に解決できます。

それでは、どのようにセーフモードを起動するでしょうか。また、セーフモードで解決できることは何でしょうか。本文はセーフモードの起動方法と解決できる問題について説明します。

目次

Macのセーフモードとは
セーフモードでMacを起動する方法
1.Macをセーフモードで起動する方法
2.Macでセーフモードを終了する方法
セーフモードで解決できること
Macのセーフモードが起動しない場合

Macのセーフモードとは


まずは、Macのセーフモードとは何かを知っておきましょう。

セーフモードはMacを起動する方法の一つで、セーフブートとも呼ばれます。セーフモードでMacを起動したら、定められたチェックを行って、一部のソフトウェアが自動的に読み込まれたり、起動したりすることを防ぎます。

セーフモードでMacを起動・終了する方法


セーフモードを知っておいたので、本題のセーフモードの起動方法に入りましょう。まずはセーフモードの起動方法から行きましょう。

1.Macをセーフモードで起動する方法


step1.Macのシステムが終了していて、電源オフの状態であることを確認します。
step2.電源ボタンを押してMacを起動します。
step3.起動音が聞こえてからすぐ「Shift」キーを押して、そのまま押し続けます。
*最新のMacは起動音が鳴らないので注意してください。最新のMacの場合、Macを起動したらすぐ「Shift」キーを押してよいでしょう。
step4.アップルアイコンが出てきてログイン画面が表示されたら、「Shift」キーを放します。

图片描述

ログイン画面が出てくるまでずっと「Shift」キーを押し続ける必要があるため、場合によって何分間をかけてしまうかもしれません。

また、「FileVault」でMacを暗号化した場合、ログインは2回行う必要があります。

なぜかというと、1回目は起動ディスクのロックを解除して、2回目はFinderにログインすることですから。

セーフブートで起動することが完成すると、Mac画面の右上にセーフモードが表示されるはずです。

图片描述

一般的に、セーフモードの起動には「Shift」キーの使用が必要ですが、実はMacにキーボードがなくても「Shift」キーが使えなくてもセーフモードの起動もできます。Macにリモートアクセスができるならば、コマンドラインを使ってMacをセーフモードで起動するように設定しておけばOKです。

step1.ターミナルをリモート接続で起動します。
あるいは対象端末にSSHクライアントで接続します。


step2.ターミナルで「sudo nvram boot-args= "-x"」を入力します。
起動する時にVerbose モードも有効にしている場合、
「sudo nvram boot-args="-x -v"」を代わりに入力します。


step3.セーフモードが終了したら、
「sudo nvram boot-args=""」を使って通常モードで起動するように設定しなおします。

2.Macでセーフモードを終了する方法


セーフモードでの作業が終わったら、通常のようにMacを再起動してセーフモードを終了します。これで、通常の起動に切り替えることができます。

セーフモードで解決できること


Appleサポートによって、セーフモードで起動すると、次の5つの処理が行われると説明されています。

➀起動ディスクを検証して、
必要に応じてディレクトリの問題を修復することを行います。
②必要なカーネル機能拡張だけを読み込みます。
③起動項目とログイン項目が自動的に開かないように阻止します。
④ユーザがインストールしたフォントを無効にします。
⑤フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、
その他のシステムキャッシュファイルを削除します。

これらのトラブルシューティングを実行して、macOSの問題を解消することが可能です。

Macのセーフモードが起動しない場合


場合によって、偶にMacのセーフモードが起動できないことまあります。そんな時になったら、どうすればMacのキャッシュを削除できるのか分からない方々に一つの対処方法を紹介させてください。

Mac Version Download

1.Mac向けメンテナンスアプリのFonePaw MacMasterをインストールし、起動します。そしてセーフモードによって削除したかったキャッシュ(アプリキャッシュ又はシステムキャッシュ)、ログファイル(ユーザログ又はシステムログ)等を選んで、「スキャン」ボタンで不要ファイルを検出してください。

图片描述

2.検出されたキャッシュファイルを「クリーン」ボタンで処分します。それでMacのセーフモードが起動しない場合でも、不具合を齎すキャッシュファイルをMacから削除することができます。

图片描述

Macの「調子」が悪いとか、動作がおかしいとか、不安定とかの問題が起きたら、セーフモードを使って手軽にチェックすることができますので、有効的な作業が聴出るようにセーフモードを活用しましょう。もしセーフモードを使っても解決できない場合に遭ったら、「FonePaw MacMaster」を使って問題解決を試すか、又はAppleサポートに連絡してください。

Mac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾