X
年始年末セール

Macの使用途中、HDD不具合などの原因でファイルへのアクセス権限が失ったことは珍しいことではない。OS X El Capitanからのバージョンでは自動的に修復することは可能で、OS X El Capitan以前のシステムでもMacのディスクのアクセス権を修復する方法があります。ところが、もし何やらのエラーでファイルデータ自身がMacのHDDの故障によって紛失されたらどうすればいいでしょうか。初心者ならばすぐApple修理屋に出るかもしれないが、その前に自分のできることを試す方がいいと思います。

データを復元するには、使い勝手がいいMacデータ復元専門ソフトは不可欠なんです。ここで皆さんに推薦したいのは先月ついにMac版がリリースされた、簡単に使えるFonePaw データ復元です。不具合のHDDからデータを復元したいMacユーザーはこれから紹介する手順を従ってデータを取り戻してみてください!

1.不具合のHDDからMacのデータを復元する方法
2.「ディスクユーティリティ」を利用してディスクを修復する方法

Windows Version DownloadMac Version Download

不具合のHDDからMacのデータを復元する方法


1.ダウンロードされた「FonePaw データ復元」をHDD不具合が発生したMacにインストールします。Macのデータを復元するには左側にある「Macデータ復元」「開始」ボタンを押してください。

Macデータ復元 開始

2.次に入るのは復元したいデータのタイプを選択する画面です。そこで復元したいデータのタイプによって「画像」「オーディオ」「ビデオ」「Eメール」「ドキュメント」「その他」の中に対応なのボックスにチェックを入れて、「スキャン」ボタンを押して紛失されたデータを検索始めましょう。

Mac データタイプ選択

3.スキャンが始まると、MacのHDDから全面的にデータを検索します。データが多いと勿論時間も掛かる場合がありますので、気長く待ってください。検索に出たファイルはスキャン中でも即座にアプリからチェックすることができます。ファイル検索バーでファイル名を入力して、復元したいファイルを見つけたら「停止」ボタンをクリックしてスキャンを中止しても構いません。

Mac データスキャン中

4.スキャンが完了後、検出されたファイルは「FonePaw データ復元」のプレビュー画面で直接プレビューできます。チェックしたいファイルをプレビューして、問題がなければ「リカバリー」ボタンを押して、後は復元完了まで待てばいいです。

ファイル プレビュー

クイックスキャンというスキャンモードはスキャンスピードが速いというメリットがあるが、スキャン結果がディープスキャンより少ないかもしれません。もしデフォルトのクイックスキャンで復元したいファイルを検出できないならば、ディープスキャンでもう一度試す方がオススメです。その場合、スキャンにより多くの時間が要りますのでご注意ください。

Windows Version DownloadMac Version Download

「ディスクユーティリティ」を利用してディスクを修復する方法


Macにある「ディスクユーティリティ」という機能を利用すれば、一部のディスク不具合を解決して、ディスクを修復することが可能です。操作手順は下記通りだが、Macを再起動するのが必要だからMacの代わりに携帯で手順を読む、または手順をプリントして、あるいはちゃんとメモを取る方がいいと思います。

1.アップルメニュー>再起動と進みます。再起動途中はCommandキー+Rキーを一緒に押したままにして、Appleロゴが出るまで放さないでください。
2.「ディスクユーティリティ」>「続ける」>「表示」>「全てのデバイスを表示」の順で進みます。
3.サイドバーから修復したいディスクを選択します。
4.「First Aid」をクリックします。
5.「実行」をクリックします。

破損したディスクを修復できない場合があったら修復手順を繰り返して、またはできるだけ多くのデータをバックアップ取てみてください。どうしても修復できないならば物理的破損が発生する恐れもあるので、Appleストアや修理屋に検査してもらう方がいいと思います。でもその前に、一応「FonePaw データ復元」を使って、MacのデータをHDDから復旧して試しても悪くないですね、成功したら技術者への復元料金も省けますよ。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾