X
年始年末セール

MacBook Proの内蔵ストレージの一番低いバージョンは128GBです。そのラップトップを使っているうちに、128GBじゃ足りないと感じるユーザーもあります。MacBookの空間が足りなくなると動きが非常に遅くなります。そんな状況に遭ったら、新しい256 GBや512 GBのMacBookを購入するより、下の方法でMacBook ProやMacBook Airの高速化を計らってみませんか?


1.使っていないバックグラウンドアプリを閉じる
2.多くの空間を使っているプロセスを終了させる
3.環境設定パネルの項目を減らす
4.ログイン項目を編集する
5.メディアファイルを移動する
6.手動で古い/大きいファイルを削除する
7.ワンクリックでMacの無駄なファイルを空にする


1.使っていないバックグラウンドアプリを閉じる


使われていないアプリがバックグラウンドで実行していると、メモリとCPUの空間が少なくなり、ホントに使いたいアプリの動きが遅くなります。だから、MacBookが遅くなったら、まず今使っていないアプリがバックグラウンドで実行しているかどうかを確認しましょう。二つの方法があります。

バックグラウンドアプリを閉じる


    方法その一:Dockからアプリを閉じる

Dockでは今実行中のアプリの下にドットが付いています。使っていないアプリを右クリックすれば終了させます。ドットが見えない場合、「システム環境設定」>「Dock」に入り、「起動済みのアプリケーションにインジケータ・ランプを表示」にチェックを入れれば、ドットが表示されます。


    方法その二:アプリスイッチャーでアプリを終了させる

Step 1.「Command」「Tab」の二つのキーを同時に押して、アプリスイッチャーを開きます。
Step 2.今実行中のアプリをチェックします。
Step 3.使っていないアプリを見つけたら、「Command」と「Q」の二つのボタンを同時に押して閉じます。


2.多くの空間を使っているプロセスを終了させる


アクティビティモニタという機能を使えば、今Macで実行中のプロセスの数とそれぞれ使っている資源(CPU、メモリ、エネルギー、ディスクなど)の数が見えます。そんなアクティビティモニタを使って、プロセスを終了させるには:


Step 1.「表示」>「アクティビティモニタ」に入ります。
Step 2.「CPU」「メモリ」をクリックして、一番多くのCPUやメモリを使っているプロセスを特定します。
Step 3.今はそのプロセスに対応するアプリを使わないのなら、選択して、ツールバーにある「x」マークをクリックし、プロセスを強制終了させます。

プロセスを終了


ヒント:
・プロセスを強制終了させることでデータの紛失に繋がる可能性があります。
・アップデートのため多くの資源を使ってしまうアプリもあります。


3.環境設定パネルの項目を減らす


Mac OSでは環境設定パネルを使ってシステムや特定のアプリの環境設定を設置します。もし環境設定パネルでいらなくなった項目があれば、それを削除することで遅くなったMacBookを軽くできます。


Step 1. 「システム環境設定」に入ります;
Step 2. あまり使用していない項目があるかどうかを確認します;
Step 3. いらない項目のチェックを消して削除します。

パネルの項目を減らす


4.ログイン項目を編集する


MacBookの立ち上がりが非常に遅くなった場合、原因はパソコンが起動する時に一斉に起動するアプリの数が多すぎることにあると思います。


Step 1. 「システム環境設定」>「ユーザとグループ」に入ります;
Step 2. 「ログイン項目」を押します;
Step 3. そこでパソコンを起動するとともに起動する必要のないアプリを選択して、下にある「ー」マークを押して削除します。

ログイン項目を編集


5・メディアファイルを移動する


多くの人はMacBookで音楽、動画、写真などのメディアファイルを保存する習慣があります。でもそのメディアファイルの数が知らないうちにどんどん増えてて、MacBookのメモリをたくさん占めることになります。メディアファイルはMacBookではなく、オンラインストレージや外付けストレージで保存する方がMacの空間を省けて、システムの性能を向上させられます。


・iCloudサービスを購入した方は写真などのメディアファイルをiCloudで保存することがおすすめです。
・外付けハードドライブを所持している方には、メディアファイルをMacからハードドライブに移すことをオススメします。


6.手動で古い/大きいファイルを削除する


Step 1. Finderに入り、「マイファイル」を選びます。
Step 2. 「最後に開いた日」を選んで、ファイル並び順を変えます。その中から古くていらないファイルを選択して削除します。
Step 3. 「サイズ」を選択してもう一度並び順を変えます。いらない大きいファイルを選択して削除します。


7.ワンクリックでMacの無駄なファイルを空にする


MacBookを軽くするために、いらなくなったファイルを削除しなければなりません。でもFinder、Safari、iTunesなど数多くのフォルダやアプリからいらないファイルを探し出して、削除するのはすごく大変な作業です。ワンクリックでMacを軽くしたいですか?そんなあなたにFonePaw MacMasterをオススメします!このクリーナーは:

Mac Version Download

・削除されてもシステムの安定性に影響しないシステムファイル(キャッシュ、ログなど)を探し出せます;

・複数存在するファイルを探し出して、その位置を特定できます。後はワンクリックだけでいらないコピーを削除できます。

・ユーザーがより簡単にいらないファイルを特定できるように、大きいファイルを日時、種類、サイズ、名前などを元に並び順を変えられます。

・いらないアプリをアンインストールすると同時に関連するファイルやデータは一斉に削除されます。

ジャンク ファイル 空にする


このソフトを使えば、もっと楽で、簡単にMacを軽く、速くにできます。しかも多くの機能は無料で使えるので、是非Macアプリストアから「FonePaw MacMaster」をダウンロードして、使ってみてください。


MacBookの使用に関する他の裏技があれば、下の方でメッセージを書き込んでください!ご意見をお待ちしております!


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾