PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

MacではNTFSドライブのファイルを読み取ることができますが、NTFSドライブへデータを書き込むことができなくて、ファイルを保存したり、既存のファイルを編集・変更したりすることもできないのです。

NTFSとは"New Technology File System"、Windows向けのファイルシステムとしてWindowsのために開発したものですので、Macでは通常NTFSドライブを読み取りはできますが書き込みができません。もしMacでNTFSドライブに書き込みたいなら、NTFSフォーマットを変換したり、ドライブの権限を変更したりする必要があります。サードパーティツールを利用してNTFSドライブに書き込むことやNTFSドライブのファイルをクラウドに移動するのも選択肢の一つです。

次には上記の方法の操作手順について解説しますので、Mac上でNTFSドライブを使うことに興味があれば参考にしてください。


一、フォーマットでNTFSをFAT32に変換

FAT32はWindows・Macどちらにも対応するフォーマットですので、NTFSというファイルシステムをFAT32に変換すると、Macで簡単にドライブのファイルを操作・管理できます。

ステップ1、右上の「Spotlight検索」に「Disk」を入力して「ディスクユーティリティ」に入ります。
ステップ2、NTFSドライブをパソコンに接続します。
ステップ3、左側のドライブ名前をクリックします。
ステップ4、「消去」を押して、「FAT32」をファイルシステムにしてドライブの名前を変更します。
ステップ5、「消去」を押して再フォーマットを始めます。これでHDDの全てのデータが削除されます。

再フォーマットが完了すると、Macで接続されるドライブのファイルを操作・管理できます。

ディスクユーティリティ

二、MacのターミナルでNTFS書き込みサポートをオンにする

注意:Macでの試験的な機能ですので、ターミナルでNTFS書き込みサポートをオンにするとデータ紛失のリスクでもあります。そのため、事前にはドライブのファイルをバックアップしておいてください。

ステップ1、「Spotlight検索」機能を活用してMacのターミナルに入ります。
ステップ2、NTFSドライブをパソコンに接続します。
ステップ3、「sudo nano /etc/fstab」というコマンドを入力します。
ステップ4、ドライブリストを最後までスクロールして、そして新たな行を追加して、ドライブの名前を入力します。
ステップ5、「LABEL=NAME none ntfs rw,auto,nobrowse」というコマンドを入力します。
ステップ6、「Ctrl」+「O」キーを押して、ファイルに情報を書き込み、そして「Ctrl」+「X」を押してファイルを閉じます。
ステップ7、ドライブを外してからもう一度接続します。
ステップ8、「Finder」を開き、上部の「移動」を押して「フォルダの場所を入力」を開きます。
ステップ9、「/Volumes/(ドライブの名前)」を入力します。
ステップ10、最後には「移動」を押してください。

三、Boot Camp(ブートキャンプ)を利用

Mac付属のアプリ「Boot Camp」を利用すればMacでWindowsをインストールすることができます。これではMac OSをWindowsシステムに切り替えて使用することができます。

ステップ1、Macの「アプリケーション」>「ユーティリティ」に入ります。
ステップ2、Boot Camp アシスタントを実行します。
ステップ3、「続ける」を押します。
ステップ4、Windowsをインストールするためにはパーティションを作成しますので、「macOS」と「Windows」の間にドラッグして作成されるパーティションのサイズを決めてください。
ステップ5、「インストール」を押します。
ステップ6、最後にはパスワードを入力して「OK」をクリックします。

これでMacが自動的に再起動して、「Windows 10」のインストールが始まります。パーソナライズ設定を編集した後、Windows 10が完全に起動されます。

Boot Camp

四、NTFSファイルをクラウドに移動する

iCloud Driveは5GB容量を無料で利用できますので、ここではファイルの共有・同期・編集・管理などが簡単にできます。iCloudはファイルシステムフォーマットに制限が掛かっていませんので、Macを利用する時にもiCloudで自由にNTFSファイルを編集・管理できます。

ステップ1、MacでiCloudにログインします。
ステップ2、FinderでWindowsドライブを開きます。
ステップ3、その中から移動したいファイルをコピーして、iCloudドライブに貼り付けます。

iCloudドライブ

これで自由にNTFSファイルを編集できるようになります。もしNTFSドライブからファイルを取り戻したいなら、「FonePaw データ復元」を試してください。


評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾