X

毎回新しいiOSがリリースされる時、急いでアップデートする方もいるでしょう。しかし、今回のiOS 11にアップデートしたところ、バグが重なり、自分のiOS端末を正常に使用することができなくなりました。自分だけかもしれませんが、なんとかアップデートによるバッテリー問題、画面ロック問題、アプリ動作などの問題から抜け出したいですね。iOS 11からどうやってiOS 10に戻るのですか。また、iOS 10の脱獄方法ももうすぐリリースされるニュースもありますので、iOS 10に戻り脱獄iPhoneを使いたい方もいるでしょう。


では、iOS 11からiOS 10.3.3/10.3.2/10.2/10.1にダウングレードする方法を順番に見ていきましょう。

Part 1. iOS 11をダウングレードする前の準備
Part 2. iOS 11からiOS 10.3.3/10.3.2/10.2/10.1にダウングレードする方法
Part 3. ダウングレードした後iPhoneのバックアップを復元する方法


Part 1. iOS 11をダウングレードする前の準備


ダウングレードする前には、データのバックアップをしないといけません。また、OSのバージョンが変更するので、データの損失もあり得ます。そのため、データのバックアップや、データが失う場合の準備をしておきましょう。そのために、iTunes・iCloudでiPhoneをバックアップするか、サードパーティ製のバックアップソフトを使って、必要なものをバックアップしてください。


    方法1:iTunesでバックアップする


まだiOS 11にアップデートしていませんでしたら、まずiOS 10のバックアップをiTunesで作成すれば、後にiOS 11からダウングレードする時もiTunesから復元できます。また、ダウングレードが失敗する時も、このバックアップでiOS 11の無事状態に戻れます。


1.iTunesを起動して、USB経由でiPhone・iPad・iPod touchをパソコンと接続します。
2.パスコードを入力して、ポップアップがありましたらiPhone・iPad・iPod touchの「信頼」をタップします。
3.iTunesでiPhone・iPad・iPod touchを選択して、「概要」ページをクリックします。
4.アクティビティとヘルスケアの情報をバックアップする必要がない場合、「今すぐバックアップ」をクリックしてください。アクティビティとヘルスケア情報をバックアップするなら、暗号化されたバックアップを作成する必要があります。「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れ、パスワードを作成してください。
5.バックアップが完了した後、「環境設定」>「デバイス」(またはメニューから「編集」>「デバイス」を選択)のところから完了されたバックアップを確認できます。

iTunesでバックアップ


    方法2:「FonePaw iOS転送」でバックアップする


iTunesのバックアップは、iOSデバイスのすべてのデータをバックアップします。容量が足りない、すべてのデータをバックアップする必要がない場合には不便なところがあります。また、iTunesのバックアップの中身を確認することはできません。そして、高いバージョンで作成されたiTunesバックアップは低いバージョンに復元できないため、既にiOS 11にアップデートし時は、「FonePaw iOS転送」でiPhoneをバックアップすることもおすすめします。「FonePaw iOS転送」は、音楽・写真・動画・SMS・連絡先・PDFなどのデータをファイルとして個々でバックアップできます。iTunesの補助として、連絡先や写真ファイルを目に見える形で再バックアップするのにもピッタリの方法です。


Windows Version DownloadMac Version Download


1.「FonePaw iOS転送」を起動し、iPhoneをUSBケーブルでPC/Macと接続します。そうすれば「FonePaw iOS転送」は自動的にiPhone・iPad・iPod touchを認識します。
2.左側のメニューから、バックアップしたいデータの種類を選択します。メディアからは音楽・ムービー・PDF・ボイスメモなどをバックアップできます。写真からは写真・動画などをバックアップできます。連絡先・SMSもバックアップ可能です。
3.バックアップしたいデータにチェックを入れて、「エクスポート」→「PCにエクスポート」をクリックします。
4.ファイルはPCの指定された場所へエクスポートされます。

FonePaw iOS転送


Part 2. iOS 11からiOS 10.3.3/10.3.2/10.2/10.1にダウングレードする方法


続いてはダウングレードの手順に入ります。IPSW(ファームウェア)がダウンロードできればダウングレードできます。


手順1:iOS 10ファームウェアをiPhoneにダウンロードする
まず、iOS 10にダウングレードするには、対応のiOS 10のIPSW(ファームウェア)をダウンロードすることが必要になります。https://ipsw.me/をにアクセスして、ご利用のiOS端末に利用できるIPSW(ファームウェア)を確認してください。署名されたIPSWをPCにダウンロードしましょう。


ご注意:該当のiOSバージョンの署名発行が停止になりましたらダウングレードが不可能になります。また、署名されていないものはダウングレード失敗する可能性があります。


手順2:「iPhoneを探す」をオフにする
「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」の順でタップし、オフにしてください。

「iPhoneを探す」をオフ


手順3:iOS 11のiOSデバイスをUSBケーブルでPCと接続して、iTunesを起動して「概要」をクリックします。


手順4:iOSデバイスのDFUモードに入る
ホームボタンと電源ボタンを同時に長押してください。りんごのロゴが表示されたら、ホームボタンを押しつつ、電源ボタンを離してください。「iTunesに接続してください」のメッセージが表示されます。

DFUモードに入る


そして、iTunesはリカバリーモードに入ったiOS端末を検出し、復元するかどうかを聞きます。同意して、「復元」をクリックしてください。

IPSWを選択


手順5:ホームボタンを離して、「iPhoneを復元」をクリックします。
手順6:先程ダウンロードしたIPSWを選択して、確認画面の「復元」をクリックします。


そこから、ダウングレードが始まるポップアップメッセージが表示されます。この操作は、デバイス上のすべてのデータを消去します。完了した時には、こんにちはの画面に入ります。


Part 3.ダウングレードした後iPhoneのバックアップを復元する方法


ダウングレードした後、iPhoneのバックアップを復元することができます。

iTunesのバックアップを復元する場合、「新しいiPhoneへようこそ」の画面が表示されますので、「このバックアップから復元」でバックアップを選択して、復元してください。


FonePaw iOS転送」でバックアップを戻す場合、左側のメニューからデータを確認して「追加」をクリックして、保存先からデータを追加してください。

保存先からデータを追加


    最後の確認


iOSデバイスの「設定」をタップして、「一般」→「情報」→「バージョン」からiOSのバージョンを確認することができます。iOS 10に戻っていましたら、成功です。



Windows Version DownloadMac Version Download


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ