X
年始年末セール

iPhoneは、iPhoneをコンピュータに同期することを含めみ、ほとんどすべてことをワイヤレスで簡単にできます。通常の方法としては、iPhoneに付属しているUSB ケーブルを使用して、デバイスを同期します。しかしながら、設定を1つだけ変更することにより、Wi-Fiを使用して、iPhoneをコンピュータに同期することができることを知りましたか?ここではやり方を説明します。

必要なツール


Wi-Fiを使用して、iPhoneを同期するには、以下が必要となります。

1.iOS 5以降を搭載しているiPhone、iPod touch、またはiPadであること;通常、最新バージョンへのアップデートは一番ベストです。
2.お使いのコンピュータでiTunes 10.6以降が実行されていること。iTunesを最新バージョンにアップデートすること。
3.お使いのiPhoneとコンピュータは同じWi-Fiネットワークに接続されていること。

iTunes

初期設定


ワイヤレスでiPhoneを同期するには、ワイヤを少なくとも1回使用する必要があります。これは、お使いのスマートフォンのワイヤレス同期を有効にするために、iTunesの設定を変更する必要があるからです。一度これを行ったら、その後は毎回ワイヤレスで出来るようになります。

1.お使いのデバイスを同期する通常の方法で、お使いのiPhone、またはほかのiOSデバイスをUSBでコンピュータに接続することから始めましょう。
2.iTunesで、iPhoneの管理画面にアクセスしてください。左上隅の再生コントロールのすぐ下にあるiPhoneアイコンをクリックしてください。
3.iPhone管理画面が表示されたら、画面の下部にある「オプション」ボックスを探してください。その中の「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」にチェックを入れてください。

Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期

3.右下隅にある「適用」ボタンをクリックして、変更を保存してください。 4.お使いのiPhoneを出すには、iTunesの左側の列にあるデバイスアイコンの横の上向きの矢印をクリックしてください。その後、iPhoneをコンピュータから取り外してください。

iPhoneをWi-Fiで同期する方法


その設定が変更されました、お使いのiPhoneがコンピュータから取り外されたら、Wi-Fiで同期する準備ができました。

言及したように、コンピュータの設定をもう一度変更する必要はありません。これからは、次の手順に従って同期させれば良いです:

1.確定できない場合は、同じWi-Fiネットワークに接続されていることを確認してください。(たとえば、仕事中はWi-Fiに接続できず、自宅のコンピュータと同期することはできません)
2.次に、お使いのiPhoneの「設定」アプリをタップしてください。
3.「一般」をタップしてください。
4.下にスクロールし、「iTunes Wi-Fi 同期」をタップしてください。
5.「iTunes Wi-Fi 同期」の画面には、iPhoneを最後に同期した際の同期できるコンピュータと「今すぐ同期」ボタンが表示されます。「今すぐ同期」をタップしてください。
6.ボタンが「同期をキャンセル」に変更されます。その下には、同期の進行状況を知らせるステータスメッセージが表示されます。同期が完了したら、メッセージが表示されます。

今すぐ同期

Wi-FiでiPhoneを同期するヒント


1.お使いのiPhoneをワイヤレスで同期するのは、USBで同期するよりも遅いです。したがって、ユーザーが大量のコンテンツを同期する場合は従来の方法でやりたくなるかもしれません。
2.手動で同期する必要はありません。iPhoneは電源に接続され、コンピュータと同じWi-Fiネットワークを使用している場合、自動的に同期できます。
3.Wi-Fi同期を使用すると、同じApple IDで認証されている限り、スマートフォンまたは iPod touchを複数のコンピュータに同期することができます。
4.お使いのiPhoneまたはiPod touchで同期設定を変更することはできません。それはiTunesのみで行うことができます。

iPhoneをWi-Fiで同期する時のトラブルの解決法


Wi-Fiを使用して、iPhoneを同期する際に問題が発生した場合は、以下の修正方法をお試しください:

1.iPhoneを再起動します。これにより、解決できる不具合は驚くほどあります。
2.両方のデバイスが同じWi-Fiネットワークを使用していて、お使いのコンピュータがスリープモード(低電力モード・節電モード)になっていないことを確認してください。
3.ファイアウォールを確認してください。ファイアウォールの設定によっては、iPhoneがコンピュータに接続する方法をブロックしている可能性があります。ファイアウォールがTCPポート123と3689、UDPポート123と5353への接続を許可していることを確認する必要があります。

低電力モード

iPhoneをiCloudと同期


他の種類のワイヤレス同期もあります。コンピュータやiTunesと同期する必要はまったくありません。必要に応じて、iPhoneのすべてのデータをiCloudに同期することができます。一部のユーザーはこのオプションのほうが好きです。コンピュータを持っていない他の人にとって、これは唯一の選択肢です。

iCloud同期

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   2   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾