X
年始年末セール

ほとんどの人はサイズの大きいiTunesライブラリを持つ、それを新しいパソコンに移行することは複雑と思います。 一般的に、iTunesライブラリは1000以上のアルバム、大量のテレビドラマ、長い映画、ポッドキャスト、オーディオブックなどのファイルを保存するので、ハードドライブの容量を大きく占用します。ライブラリのサイズとそのメタデータ(レーティング、再生回数、アルバムアート)二点に基づいて考えたら、iTunesを効率的かつ総合的に移動或いはバックアップする方法は必要です。
本記事はiTunesライブラリ引き続ぎについていくつかの方法を紹介し、各々の詳しい手順を説明します。これらの方法でiTunesライブラリを移動する具体的な手順は以下をご覧下さい。

目次
1.外付けハードディスク(外付けHDD)を使用
2.iTunesのバックアップ機能を使用
3.移行アシスタント(Macのみ)
4.iTunes Match
5.ライブラリを統合

パソコン 買い替え itunes

1.外付けハードディスク(外付けHDD)を使用


外付けハードディスクは昔より大きな容量を持つだけではなく、価格も下げました。そのおかげで、手頃の価格で外付けハードディスクを購入できます。これはiTunesライブラリを新しいパソコンに移動する一つ実行しやすいオプションです。(特に、ライブラリの容量がiPodより大きい場合)

この方法を使ってPCを買い替えた後、iTunesライブラリを新しいパソコンに移動したい場合、外付けハードディスクは十分な空き容量があることを確認してください。

1. 先ずはiTunesライブラリを外付けハードディスクにバックアップします。
2. 古いパソコンから外付けハードディスクを取り外します。
3. iTunesライブラリを移動したい新しいパソコンに外付けハードディスクを接続します。
4. 外付けハードディスクからiTunesのバックアップを新しいパソコンに復元します。

iTunesライブラリのサイズと外付けハードディスクの転送速度によって、ある程度の時間がかかりますが、これは効果的と全面的な方法です。バックアップユーティリティプログラムはこの過程を修正できます(例えば、新しいデータだけをバックアップ)。バックアップさえあれば、それを新しいパソコン或いは故障した古いパソコンにコピーすることができます。

注意:大容量のライブラリにとってこの方法はとても有効ですが、これは外付けハードディスクでiTunesライブラリを保存或いは使用することではなく、ただバックアップ/移動する場合だけ利用する方法です。


2.iTunesのバックアップ機能を使用


この方法は一部の旧バージョンのiTunesだけで使用できます。新しいiTunesバージョンは既にこの機能を削除しました。 iTunesは内蔵バックアップツールを搭載し、ファイルメニューで探せます。「ファイル」- >「ライブラリ」- >「ディスクにバックアップ」の順でクリックしてください。
 
この方法を使って、ライブラリ全体(Audible.comからのオーディオブック以外) をCD或いはDVDにバックアップできます。ただ空きのディスクと時間を用意すればいいです。  

しかし、もしDVDバーナーではなくCDバーナーを持つ或いはライブラリの容量が大きい場合、たくさんのCDが必要です。(一枚は約700MBのデータを保存でますので、15GBのiTunesライブラリは20枚くらいのCDが必要です。)
 
もしDVDバーナーがあるなら、この方法の実用性は高くになります。DVDの容量はCDの7倍です。つまり、同じ15GBのライブラリはたった3-4枚のDVDで十分です。
 
もしCDバーナーだけ持つ場合、iTunesストアから購入したものまたは増分バックアップ(前回のバックアップから追加したデータ)だけをバックアップすることがお勧めです。

3.移行アシスタント(Macのみ)


Macを買い替えた場合、iTunesライブラリのデータを新しいMacに移動する最も簡単な方法は移行アシスタントツールを使用することです。
 
新しいMacを設定する時または設定した後でもこのツールを使用できます。移行アシスタントは全てのデータや設定を移動することによって、古いパソコンを新しいMacで再現できます。このツールは完璧ではありませんが(メールを転送する途中で問題が起こす場合もある)、ほとんどのデータをうまく移動でき、時間を節約できます。
 
新しいパソコンを設定する時、Mac OS設定アシスタントはこのオプションを提供します。もしこのオプションを選択していない場合、後でユーティリティフォルダ中のアプリケーションフォルダで移行アシスタントを見つけます。
 
この方法を実行する前に、Firewire 或いはThunderboltケーブル(Macによって)で二台のMacパソコンを接続してください。その後、古いパソコンを再起動して「T」キーを長押しすれば、パソコンがFirewire 或いはThunderboltのアイコンが画面で表示されます。このアイコンを見たら、すぐに新しいパソコンで移行アシスタントを起動して画面の指示に従ってください。

4.iTunes Match


AppleのiTunes Match はiTunesライブラリを移動する最速な方法ではなく、すべてのメディアデータを移動するすることもできない。これは音楽転送向けの専用オプションです。
   
下記の手順に従ってiTunes Matchを使用してください:
   
1.iTunes Matchに登録します。
2.ライブラリはiCloudのアカウントと接続し、曲をアップロードします。曲数によって一二時間がかかる場合があります。
3.アップロードが完了した後、新しいパソコンでiCloudのアカウントにサインインしてiTunesを起動します。
4.ストアメニューでiTunes Matchをオンします。
5. iCloudアカウントの中の曲リストは新しいiTunesライブラリにダウンロードされます。
   
ライブラリダウンロードの時間はライブラリのサイズ次第です。この過程は数時間がかかるかもしれません。曲だけではなく、アルバムアート、再生回数、レーティングなどの関連メタデータもダウンロードされます。
ビデオ、アプリ、本とプレイリストなどのメディアはこの方法で転送できません。しかし、iCloudを使ってiTunesストアから購入したビデオ、アプリと本を再ダウンロードすることができます。
iTunes Matchの制限性を考えて、この方法はただ音楽を大量移動したい人に実用だろう。もしあなたはその一員なら、iTunes Matchは便利なオプションです。

5.ライブラリを統合


複数のライブラリを一つに統合する方法はたくさんあります。iTunesライブラリを新しいパソコンに移動することも一種類の統合です。

基本的な手順
1. 以下の方法はWindowsPC対応です(Macの場合、新しいMacにアップグレード、設定する時、移行アシスタントを使ってライブラリを簡単に引き継ぐことができます。)

2.Macと同じ、外付けハードディスク或いはたくさんのCDRs/DVDRsを使ってデータを移動することもできます。しかし、一枚のCDは700MBだけのデータを保存でき、DVDの方は4GBです。このことを覚えてください。つまり、ライブラリのすべてのデータを移動することは大量のディスクが必要です。

3.iTunesライブラリをディスクにバックアップするなら、その過程はある程度の時間がかかります。あとは外部HDD或いはバックアップディスクを新しいパソコンに接続します。データをiTunesに追加するにはディスクを訪問し、ファイルを直接にiTunesにドラッグまたはiTunesで「ファイル」->「ライブラリに追加」をクリックしてディスクのファイルを選択します。

4.こうやって、すべての曲が新しいパソコンに移動されますが、それが終了ではありません。

iTunesが一部の内容について認証できるパソコンは5台以内に制限されますので、古いパソコンの認証を解除してください。「iTunes Store」->「このコンピュータの認証を解除」で古いパソコンの認証を解除した後、新しいパソコンで同じメニューで認証してください。

itunes 引き継ぎ

5.新しいパソコンでiPod或いはiPhoneを設定します。こうやって、データを損失せずiTunesライブラリを引き継ぐことができます。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   4   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾