X
年始年末セール

Windows Defenderとは、Windows OSに標準搭載されているセキュリティプログラムで、パソコンに感染したウイルスを検出して削除することができます。Windows Defenderはウイルスやスパイウェアなどからパソコンを保護できますが、リアルタイム保護がオンにしている場合、パソコンへの脅威を常にスキャンします。そのせいで、パソコンの動作が重くなります。それに、Windows Defenderからのメッセージが次々と現れて、うっとうしいと感じる場合もあるでしょう。それでは、このWindows Defenderを無効に設定することができますか?

提供元不明のアプリもインストールしないし、怪しいサイトにもアクセスしなければ、Windows Defenderを無効にすることが大丈夫だと思います。或いは、ほかのセキュリティ対策ソフトが既にインストールされた場合は、Windows Defenderを有効にする必要はありません。ただし、もしほかのセキュリティ対策ソフトをインストールしていない場合Windows Defenderをオフに設定すると、パソコンがウイルスに感染しやすくなります。データが損壊され、個人情報も流出してしまうかもしれません。だから、Windows Defenderを無効に設定する前に、慎重に考えてくださいね。ここで、Windows Defenderを無効にする方法を紹介します。

一、Windowsの設定でWindows Defenderを一時的に無効化する
二、レジストリエディターを利用してWindows Defenderを完全に無効化する

一、Windowsの設定でWindows Defenderを一時的に無効化する


Windows Defenderの原因でウイルスに感染していないファイルのダウンロードがブロックされた場合もあります。それに対して、下記の手順に従ってWindows Defenderを一時的に無効に設定することができます。

Windowsパソコンを開き、ホーム画面の左下にある「スタート」ボタンをクリックすると、「すべてのプログラム」の下に検索欄が表示されます。

(Windows7の場合)

Windows 7 スタート

または、画面底部のタスクバーに「ここに入力して検索」というボックスがあります。

(Windows10の場合)
ステップ1.検索欄に「Windows Defender」を入力し、リストに表示された「Windows Defender セキュリティ センター」をクリックしてください。

Windows 10 スタート

ステップ2.次の画面で左下の歯車アイコンをクリックし、表示された設定画面にある「ウイルスと脅威の防止の設定」をクリックします。

Windows 10 設定Windows 10 通知

ステップ3.その後、「リアルタイム保護」と「クラウドベースの保護」二つの項目の下にあるスイッチをオフにしてください。

Windows 保護 スイッチ オン

こうすると、Windowsの設定でWindows Defender を一時的に無効に設定しました。

二、レジストリエディターを利用してWindows Defenderを完全に無効化する


レジストリエディターを利用してWindows Defender を完全に無効に設定できますが、パソコンが脅威に対して脆弱になる可能性があることにご注意ください。

ステップ1. 「ファイルを指定して実行」を起動する

Windowsキーを右クリックして表示されたメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックします。または、Windowsキーと「R」キーを同時に押しし、「ファイル名を指定して実行」ウインドを開きます。「名前」ボックスに「regedit」を入力して「OK」をクリックします。

Windows Defender レジストリエディターWindows Defender ファイル名を指定して実行

ステップ2. レジストリエディターを開く

左バーで「HKEY_LOCAL_MACHINE」>「SOFTWARE」>「Policies」>「Microsoft」の順で、左にあるマークをクリックしてツリーを展開します。その後、「Windows Defender」をクリックしてレジストリエディターを開きます。

Windows 保護 情報

ステップ3. DWORD(32ビット)値を編集する

画面中央空白の部分で右クリックし、「新規」>「DWORD(32ビット)値」の順に選択します。(或いは画面上部のメニューバーにある「編集」>「新規」>「DWORD(32ビット)値」の順に選択)

Windows 保護 新規

作成されたレジストリの名前を「DisableAntiSpyware」に変更した後、ファイルを右クリックし「修正」を選択すると、「DWORD(32ビット)値の編集」ウインドウが表示されます。「値のデーター」欄に「1」を入力することでWindows Defenderを完全に無効化します。(「0」を入力すればWindows Defenderを再び有効に設定できます。)

Windows Defender 修正Windows Defender 値

この二つの方法で、Windows Defenderを無効化できます。別のセキュリティソフトをインストールしていない場合、Windows Defenderを停止したら、PCの安全性を保証できないので、十分お考えの上で実行してください。用が済みましたら、また有効化にするのも手ですね。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾