X
年始年末セール
iTunes使わないiPadのバックアップ方法

iPadを長く使っている人なら、バックアップという言葉に馴染みがあると思います。iTunesでバックアップを作れば、新型機種に移行する時は、そのままデータを復元できますし、リカバリーモードやなんらかの異常が発生した時も、バックアップのデータで元に戻すことができます。バックアップとは、データのコピーを作ることです。万が一の時に備えて、データをバックアップしていれば、データの紛失を回避できます。

普段、iPadのバックアップはiTunes・iCloudでします。しかし、もしこの二つの方法も上手く言ってない場合は、別のバックアップ方法はないでしょうか。

今回紹介するツールは、iTunesとiCloudと違うiPadをバックアップできます。専門のバックアップツールFonePaw iOSデータバックアップ・復元は作成する数に制限なしで多種類データのバックアップできます。同時、FonePaw iOS転送は専門の管理ソフトであり、iPadの一部のデータのみバックアップすることが可能。もちろん、全てをまとめてバックアップすることもできます。iPadをバックアップしたい時は、この二つの方法を使ってみましょう。

また、iTunesとiCloudでバックアップできない時に対しても適応の対処法を用意しましたので、是非ご覧下さい。

一、iPadをバックアップする方法
二、iPadのデータがバックアップできない時の対処法

一、iPadをバックアップする方法


本記事は「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」をユーザーに推奨します。

「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」は専門のソフトとして多種類のデータのバックアップに対応できるかなり強力ですし、画面も簡潔で、機械に詳しくない人でも簡単に操作できます。

1、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」のダウンロード・インストール
下のアイコンでWindows/Mac版の「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」をダウンロードしましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

2、「iOSデータバックアップ・復元 」を押します。

ソフト 機能選択

3、iPadのデータをバックアップしたいですから、「iOSデータバックアップ」をクリックします。

バックアップ ホームページ

4、iPadをパソコンに接続します。

iPad 接続

5、パソコンがiPadを検出されたら、下の画面に入ります。iPadから一部のデータか、全部のデータをバックアップしますか、選択できます。パソコンにバックアップしたいiPadのデータの種類を選んだ後、「次へ」を押します。

データ 種類選択

6、そして、データをiPadからパソコンへのバックアップが始まります。画面にバックアップの過程が見られます。

バックアップ 進行画面

7、過程が100パーセントになった、バックアップが完成しました。

バックアップ 完了

このように、簡単にiPadのデータをパソコンにバックアップしました。

Windows Version DownloadMac Version Download

iPadの一部のメディアファイルだけをパソコンにバックアップする方法


「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」は同じ種類のデータを全てiPadからバックアップしますが、一部だけバックアップしたい場合は「FonePaw iOS転送」をおすすめします。iPadのデータをパソコンにバックアップすることで、パソコンや他の端末でもiPadのメディアファイルなどを楽しめます。
Windows Version DownloadMac Version Download

ステップ1:iPadを「FonePaw iOS転送」と接続

はじめに、「FonePaw iOS転送」をパソコンとインストールします。そして、iPadをUSB経由でパソコンと接続。そうすれば、「FonePaw iOS転送」は自動的にiPadと繋がれます。

iPad 接続

ステップ2:データをまとめてバックアップ
メイン画面の下にある「フォルダに」または「iTunesに」をクリックすれば、対応しているメディアファイルを一気にパソコン・iTunesにバックアップすることができます。バックアップしたデータは保存先のフォルダや、iTunesのライブラリーで確認できます。

出力 設定

ご注意:iTunesに転送するデータは、ライブラリーに入れられるデータのみです。
 
ステップ3:データを分けてバックアップ

左のメニューバーに、「メディア」、「プレイリスト」、「写真」、「連絡先」などの項目があります。それぞれの画面で、該当種類のデータを一部だけバックアップすることができます。例えば、「写真」をクリックして、バックアップしたい写真だけ選択して、「エクスポート」でパソコンにバックアップします。

写真 選択

「メディア」では、音楽やビデオなどをバックアップできます。

メディア 選択

「連絡先」「バックアップ/復元」のボタンからiPadの連絡先のデータをバックアップ可能!

連絡先 バックアップ

ステップ4:バックアップしデータをパソコンからiPadに戻す
バックアップしたものは、新しいデバイスに復元するのも可能!例えば「メディア」「ムービー」から、「追加」のボタンで、PCにバックアップされた動画のデータを再びiPadに入れることができます。

iPad ビデオ追加

このように色々できますので、活用すればとても役に立ちます!
Windows Version DownloadMac Version Download

二、iPadのデータがバックアップできない時の対処法


ユーザーからiTunesとiCloudでうまくバックアップできないことがあったという声を聞きました。

もしiPadとパソコンを繋いても、端末に反応なし、あるいはバックアップを何時間待っても終わらない状態などのiCloudとiTunesでバックアップできない場合が起きたら、まずはWi-Fiの情况とか、iPadの調子とか、パソコンの空き容量を確認しましょう。iPadはちゃんとネットに繋がっていますか、Wi-FiをリセットしたりiPadを再起動したりすることに連れてバックアップできない問題は解決される場合もあります。

以上の最も基本的な手段でiPadのバックアップできない問題が解決されたらいいですが、これらの手段を使っても、まだiPadのデータをバックアップできない状態でしたら、また使用しているアプリ(iCloud、iTunes)の調子を確認しましょう。

iCloudの場合



iCloudは5GB以内のデータは無料でバックアップできますが、データが5GB以上を超えたら、iCloudの使用は有料になります。その時はiCloudの容量を購入するか、あるいは他のバックアップする方法を試しましょう。

iCloudの容量を購入する方法:

iPadの「設定」アプリ>「一般」>「ストレージを管理」>「ストレージプランを変更」で新しい容量を購入できます。

iPad ストレージプラン

iTunesの場合



iTunesでiPadのデータをバックアップする場合、最新バージョンのiTunesが必要になりますので、手持ちの端末のiTunesは最新版かどうか確認しましょう。

iTunesが最新版を確認する方法:
iTunesを起動して、トップメニュー>「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」を順序にクリックします。iTunesが最新バージョンの場合、「このバージョンのiTunesは最新バージョンです」が表示されます。

iTunes バックアップ

もちろん、バックアップする方法っていうのはiTunesとiCloud以外にも方法がありますので、iTunesとiCloudでバックアップできない場合、他の方法も試してもいいと思います。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   339   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾