X
年始年末セール

 皆さんはiPhoneのデータをパソコンにバックアップする習慣を身につけていますか。

今の世代で、iPhoneは通信のために使われているだけでなく、記録用の写真やビデオの撮ること、動画、ゲームを楽しむことなどなど生活の色々な面にも重要な役割を果たしています。

ところが、愛用のiPhoneが突然故障が起きたり、盗まれたりするこで、データを紛失したら、日常の写真やビデオはともかく、もし学校や会社に関する大事なデータまでも失ったら、大変な事態になってしまう恐れもあります。

でも、もし事前にiPhoneのデータをパソコンにバックアップしておいて、必要な時は簡単にパソコンからデータを復元すれば、安心できます。

今日はiPhoneのデータをパソコンにバックアップするのに、iTunes、または専用のソフト「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」を利用して、簡単にデータをパソコンにバックアップする二つの方法を皆さんに紹介したいと思います。

一、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneのデータをバックアップ
二、iTunesでiPhoneのデータをバックアップ
三、両方のいい点と悪い点

一、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」でiPhoneのデータをバックアップ


FonePaw iOSデータバックアップ・復元」は写真、オーディオ、ビデオ、メール、連絡先、メッセージなど多くのデータ種類の復元に対応できます。それに、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」を利用すれば、一部のデータあるいは全部のデータをバックアップするのを自由に選択できます。

1.「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」をダウンロードして、起動します。

Windows Version DownloadMac Version Download

2.右側の「iOSデータバックアップ・復元」ボタンを押します。

iOS バックアップ 復元 ホームページ

3.「iOSデータバックアップ」ボタンを押します。

iOS データ バックアップ

4.iPhoneをパソコンに接続して、「スタート」ボタンでデータのバックアップを開始します。

iOS バックアップ モード

5.バックアップしたいデータの種類を選んで、「次へ」ボタンを押します。

iOS バックアップ データ 選択

6.すると、選ばれたデータのバックアップが始まります。

iOS バックアップ 完成

7.バックアップしたデータを復元したい時は、ホーム画面>「iOSデータバックアップ・復元」>「iOSデータ復元」の順で復元の画面に入ります。ここで、復元したいデータを選択して復元します。

iOS バックアップ 写真

Windows Version DownloadMac Version Download

二、iTunesでiPhoneのデータをバックアップ


アップル会社が提供したiTunesを利用して、iPhoneのデータをパソコンにバックアップすることが可能です。

1.パソコンにダウンロードしたiTunesを起動します。

2.iPhoneをパソコンに接続します。

3. 表示されたiPhoneをクリックして、右側の「今すぐバックアップ」アイコンでiPhoneのデータをパソコンにバックアップします。

iTunes Mac バックアップ

iTunesにバックアップしたデータをiPhoneあるいは他の端末に復元したい時は隣の「バックアップ復元」アイコンをクリックします。

三、両方のいい点と悪い点

iTunesはワンクリックでデバイス全体のデータをパソコンにバックアップできますが、一部のデータのみのバックアップ・復元はできません。しかも大量のデータをバックアップするのに時間は掛かりますし、なによりCドライブの容量も圧迫します。

その代わり、「FonePaw iOSデータバックアップ・復元」は選択的にデータをバックアップすることもできますし、データを迅速にバックアップすることが可能です。

また、この二つのツールがバックアップできるコンテンツは違います。二つぼ方法はそれぞれメリットとデメリットがありますので、皆さんは自分の需要に適応する方法でデータをバックアップすればいいと思います。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾