X
年始年末セール

「MacBookを起動しようとする時、画面が白いままで反応しないんですけど……同じ問題にあう人はありますか?どうすれば修復することができますか?」

時々、このようなメールを受けます。MacOSが正常に起動されない、起動しても白い画面と黒いAppleだけが表示されるような状況にあっていますか?このページを見ているなら、あなたもこの問題に困っていて、解決方法で迷っているかもしれません。この記事で、ステップ・バイ・ステップで、MacBook・iMacが起動する時、白い画面が表示されるままの問題を解決する方法を教えます。

Macbook

方法一、セーフモードでMacを再起動します


再起動することで、ハードウェア問題除く、ほとんどの問題を解決することができるはずです。MacBook・iMacの電源を切った後、Appleロゴが表示されるまでShiftキーを押したままの状態で再起動します。

Macを起動したら、MacOSのすべてのキャッシュや一時ファイルを削除し、最近インストールした安全ではないアプリをアンインストールします。これらのファイルやアプリは、Macの起動しない問題につながるからです。

ほかには、システムジャンクやゴミ箱をクリーンしてもいいです。もしシステムジャンクの場所がわからない場合、「FonePaw MacMaster」を利用しましょう。このアプリでは、MacOSをチェックし、すべてのジャンクファイルをワンクリックでクリーンアップすることができます。

ジャンクファイル クリーナー

Mac Version Download

方法二、PRAM/NVRAMをリセットします


PRAM/NVRAMとは、MacOSでの音声ボリューム、ディスプレイの解像度、起動ディスクの設定、タイムゾーン、最近のコア異常情報を格納するメモリです。上記の設定でエラーが発生し、MacBookで白い画面が表示された場合、PRAM/NVRAMをリセットすれば、修正することができる場合はあります。

Macを電源オフした後、Macを再起動し、その同時に「Option+Command+P+R」キーを約20秒間押し続けます。 MacBook・iMacはこの間で数回再起動します。 Macが再起動した後、「システム環境設定」を開けて、ボリューム、起動ディスクの選択やその他の設定を改めて調整することができます。

Mac 設定

方法三、「ディスクユーティリティ」でMacのディスクを修復します


MacOSの「ディスクユーティリティ」で、ディスク障害で起こされたMacの起動できない問題を修復することができます。

Macを再起動する時、すぐにCommandキーとRキーを押したままにして、Appleロゴが表示されたらボタンを離します。「ディスクユーティリティ」>「コンティニュー」の順にクリックし、修復する必要があるディスクを選択し、「First Aid」を選択します。

ディスク 設定

次にはFirst Aidの実行の確認ウィンドウが表示されます。「実行」を選択すれば、ボリュームがチェックされ、必要に応じて修復されます。

確認

修復が完了すると、次の画面になります。

修復 完了

方法四、リカバリーモードでMacを起動します


Macをリカバリーモードで起動すれば、OSを復元することができます。起動できない場合、ディスクユーティリティも利用できませんが、リカバリーモードで起動すれば、ディスクユーティリティの利用から、バックアップからシステムの復元までが可能です。

リカバリーモードで起動するには、まずMacを終了し、そして「command + R」キーを押したままでMacを再起動します。Appleロゴが表示されたら、キーを離してもいいです。

方法五、外付けディスクからMacを起動し復元します


リカバリーモードでもMacを起動できない場合、内部のディスクには何か起こる可能性があります。この場合、内部ディスクでは起動することはできません。しかし外付けディスクで「起動可能なインストーラ」を作成すれば、USBメモリなどでMacを起動して回復することは可能です。

外付け ディスク

「起動可能なインストーラ」を作成する方法は、Appleサポートで詳細に説明されています。外部ディスクからMacを起動するには、まずMacの電源をオフにして、終了します。そして、外部ディスクをMacに接続し、Macを再起動します。再起動する時は、「Option」キーを押したままにします。そして、表示された「Startup Manager」で、作成したディスクを選択すればいいです。

方法六、「シングルユーザーモード」で起動してfsckコマンドを利用します


以上の方法でMacを起動できない場合、シングルユーザーモードで起動し、「fsck」というコマンドラインユーティリティを利用しましょう。しかし、OS X 10.4を使用している場合、ディスクユーティリティのほうが推奨します。

fsckを利用するには、まずMacを終了し、そして再起動します。再起動する時、電源ボタンを押した直後で「command + S」キーを押します。画面に白い文字が表示されると、シングルユーザーモードに入ります。

ここで、「/sbin/fsck -fy」と入力し、「return(enter)」キーを押します。
その後、「reboot」と入力し、「return(enter)」キーを押せば再起動します。

問題がない場合、「** The volume (name_of_volume) appears to be OK」と表示されます。問題がある場合、「***** FILE SYSTEM WAS MODIFIED *****」と表示されます。その場合、上記の手順を繰り返してみます。

方法七、「Apple Hardware Test」で診断します。

いろいろ試してもMacを起動できない場合、ハードウェアが故障された可能性があります。「Apple Hardware Test」でハードウェアを診断しましょう。

「Apple Hardware Test」を実行する前に、Ethernetアダプタ以外のすべての外付けデバイスを外します。そして、Macを終了し、再起動する時はグレイ画面が表示されるまで「D」のキーを押したままにします。

テスト終了後「Restart」か、「Shutdown」を選択します。

ハードウェアには問題が検出されなかった場合、「No issues found」と表示されます。問題が検出された場合、情報をメモして、Appleの公式サポートに連絡しましょう。

上記の方法を試しても、Macが起動されない、あるいは起動画面が白いままの問題を解決できない場合、Apple公式サポートに連絡することをお勧めします。

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾