X
年始年末セール

デジタル化がどんどん進んでいるこの時代では、人々の日常にスマホは大事な役目を果たしていることは紛れもない事実です。そんなスマホの中でも、今最も人気のあるスマホといえば、間違いないiPhoneだと思います。
2007年の発表会から今年で九年目に突入したiPhoneシリーズの中で、今年で発表したiPhone 6sとiPhone 6s Plusは既に第八世代となっています。今まで発売したiPhoneの中で、スペックはもちろん、ディスプレイのサイズにもかなり大きいな違いがあります。
特にiPhone 6sとiPhone 6s Plusの登場で画面サイズが多様化してきたiPhoneシリーズですが、動画を再生する際になると、大きなズレが生まれたりすることがあります。スペックの違いは更なる大きいな問題を起こします。下手すると、同じ動画だけで再生できるモデルと再生できないモデルがあってもおかしくありません。
そんなことを阻止するための一番いい方法は、再生したい動画をiPhone向けに最適化したMP4フォーマットに変換することだと思います。
そこで、力を貸してくれるのはこのソフトーー「FonePaw スーパーメディア変換」です。このソフトで動画をiPhone、iPad等Apple社の製品に合わせ最適化できるほか、PS3等のデバイスで再生できるMP4に変換することもできます。今すぐ、下のリンクから、無料試用版をダウンロードして、試してください!

Windows Version DownloadMac Version Download

iPhone向けのMP4動画に変換する方法


Step 1.動画ファイルをプログラムに入れる
上記のアイコンから「FonePaw スーパーメディア変換」をダウンロードし、インストールします。
ソフトを起動したら、紺色の「ファイルを追加」ボタンをクリックして、変換元となる動画ファイルをプログラムに追加します。
その他、直接動画ファイルをメインウィンドウに引きずり込むことでも追加できます。
ヒント:複数のファイル、或いはフォルダごとの一括追加にも対応しています。

動画ファイルをプログラムに入れる

Step 2.MP4を出力形式に指定&保存先を指定
メインウィンドウの一番下にある「プロフィール」ドロップダウンメニューを押し、「Apple iPhone」カテゴリーから自分のiPhoneに最適したMP4フォーマットを出力形式に選択します。
もちろん、MP4フォーマット以外でも、同じくiPhoneで再生できるMOVに変換したり、或いは音声だけを抽出し、MP3形式に変換して、iPhoneで曲として再生したりすることもできます。

MP4を出力形式に指定

出力形式が決めた後、「プロフィール」欄の下にある「保存先」欄の「参照」ボタンをクリックすれば、変換後のMP4動画がパソコンでの保存先を好きなように設定できます。


Step 3.MP4に変換
上記の2ステップが完成した後、右下の「変換」ボタンをクリックして、iPhone最適のMP4への変換が開始になります。

MP4に変換

最初から話した、動画をiPhoneやPS3で再生できる形式に変換できるほか、、YouTubeにアップロードできる動画に変換することもできます。
更に、動画・音声変換以外にも、「FonePaw スーパーメディア変換」は自作DVDのリッピング、動画のダウンロード等色んなところでも本領発揮できますので、是非試してください!

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   1533   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾