PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

関連記事

気楽にMacの写真を管理する!オススメ方法三つ
気楽にMacの写真を削除する方法まとめ

Macの「写真」アプリで整合されている画像ファイルを閲覧する時は便利ですが、その保存場所が分からない方は多いだと思います。Finderによって、Macの「写真」アプリでまとめている画像ファイルの保存場所をアクセスことができます。この記事はその方法を紹介致します。

图片描述

FinderでMacの「写真」アプリ保存場所を表示する


Macの「写真」アプリの保存場所を確認したい時は、Finderを起動して「ピクチャ」フォルダを開いてください。そこでフォトライブラリを選んで、右クリックしてから「パッケージの内容を表示」をクリックしてください。

パッケージの内容を表示

パッケージの中身は写真に読み込んだ画像ファイルです。Apple社の公式ヘルプによると、手動的に中身を変更するとフォトライブラリの破損が起こすかもしれません。故に「写真」から画像ファイルをコピー、移動、転送したい場合は直接にライブラリから操作しないでください。

パッケージの内容

Macの「写真」アプリから画像を転送する必要がある場合ならば、「ファイル」メニューから「書き出す」を選んでください。その後、書き出したファイルを転送すればいいです。

書き出す

Macの「写真」アプリ保存場所を変更する


写真ライブラリはシステムから自動的に作成された保存先です。それ以外の保存先を指定したい場合、「写真」アプリを起動し、「環境設定」から「一般」をクリックして「項目を写真ライブラリにコピー」のチェックを外したらいいです。

そうすると、画像や動画ファイルが「写真」アプリに読み込まれた時は元の保存先に置かられ、フォトライブラリにコピーしません。

項目を写真ライブラリにコピー

以上では、Macから写真の保存場所を確認と変更する方法の紹介です。Macシステムの原因で少し難しいかもしれませんけど、慣れたら簡単なことです。一方、「写真」よりサードパーティー製アプリの方がMacの写真を管理する時役に立てる時もあります。例えばこれから紹介するFonePaw MacMasterを使えば、Macから重複、類似写真の検出と削除が簡単にできます。

Mac Version Download

Macで色んな保存場所に散る重複画像ファイルを手動的にまとめて整理するには難しいことですが、「FonePaw MacMaster」に任せば簡単にできます。「重複ファイル」検索機能によって、検出された重複写真ファイルはアプリ内でプレビューしてから削除できます。一々自力で探して削除するよりずっと簡単です。

重複ファイル検索

そして「FonePaw MacMaster」で実装されたもう一つの写真整理機能はこの類似写真ファインダーです。全く同じではない写真が大量に溜まっている時、この機能が役に立てます。似たような写真を比較して整理し、ユーザーは削除の判断をするだけです。カメラマンにはピッタリの機能だと考えております。

類似写真検索

以上では、Macの写真保存場所を確認し、変更する方法の紹介でした。もしもっと効率的にMacの写真ファイルを管理したいならば、最後に紹介された「FonePaw MacMaster」を試してみましょう。

Mac Version Download

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾