X
年始年末セール

スマホの普及につれ、大きい画面と高解像度を持つスマホで動画を撮ると見る人がどんどん増えています。
でも、いつも動画を再生しているパソコンやテレビと比べて、スマホの容量は少ないし、限られています。しかも、モバイル端末である以上、携帯性を維持するために、パソコンほどのスペックとは比べ物にならないのです。
そんな条件の中、サイズが大きい動画をスマホに入れるのは、容量に圧迫しやすいし、ファイルが大きすぎて、なめらかに再生できない可能性も高いでしょう。それでも大きい動画をスマホで見たいというのなら、目指す道はただ一つ、スマホに入れる動画のサイズをなるべく小さくすることです。
これからはスマホに入れる動画サイズを縮小する方法を紹介したいと思いますが、その前に、まず動画サイズについての豆知識を紹介しましょう。


動画サイズについて
動画サイズの計算公式:ビットレート(Mbps)×8×時間(秒)=容量(MByte)
ご覧のように、動画のサイズはだいたい予測出来るものです。ビットレートと時間の他、動画の解像度や音声のパラメータも動画のサイズに影響します。
ビットレート:1秒あたりのデータ量。大きいければ大きいほど、画質が良くなります。でもその分、ファイルサイズも大きくなります。
フレームレート:1秒あたりの画面を切り替える回数。大きいほど動きがなめらかになります。
解像度:1フレームの画面にあるピクセル数、大きいほど高精細になります。でもオリジナルファイルの解像度に制限されています、オリジナル以上の解像度に設定しても、高画質にはなりません。


上記はパラメータの数値が動画サイズへの影響を紹介しました。でも、パラメータの数値が全く同じでも、圧縮フォーマットの違いによって、サイズと画質も異なります。
これからは、高画質も維持しつつ、高圧縮率でサイズを小さくできるフォーマットとそのフォーマットに変換する方法を教えます。まず、下記の手順で使うソフト「FonePaw スーパーメディア変換」をダウンロードし、準備してください!


Windows Version DownloadMac Version Download

スマホに入れる動画サイズを小さくする圧縮方法


ステップ1:動画ファイルをプログラムに入力
「FonePaw スーパーメディア変換」を起動します。メインウィンドウの左上にある「ファイルを追加」ボタンをクリックして、変換したい動画を追加します。

動画ファイルを追加

ステップ2:出力形式を指定
メインウィンドウの下にある「プロフィール」ドロップダウンメニューをクリックし、「普通のビデオ」カテゴリーから、或いは入れたいスマホに合わせて好きなフォーマットを出力形式に指定します。
画質を維持しつつ、サイズを落としたい点では、MP4、MOV、M4V、WMVなどのフォーマットがオススメです。

出力形式に指定

ps. 出力形式を指定した後も、「プロフィール」の隣の「設定」ボタンをクリックし、出力形式のパラメータを設定して、ファイルサイズを更に縮小できます。

出力形式のパラメータを設定

ステップ3:変換開始
最後は「変換」ボタンをクリックし、変換を実行します。

変換開始

動画ファイルを圧縮してからスマホに入れれば、より多くな動画を入れられる他、もっとなめらかに動画を再生できます。
その他、「FonePaw スーパーメディア変換」は2D動画から3D動画への変換、音声ファイル形式の変換、メディアファイルの編集やYouTubeから動画のダウンロードなど色んな機能にも対応しています。是非試してください!

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   626   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾