X
年始年末セール

スマートフォン以外のスマートデバイスと言えば、真っ先に思い浮かぶのはタブレットと言ってもいいでしょう。タブレットはスマホより便利に効率的に作業を行えて、用途こそ違いますが、仕事や日常生活に便利さをもたらすのは間違いないです。タブレットといえば、Apple社のiPadが一番有名なブランドになると思いますが、便利にiPadを使うコツには、データやファイルの管理が重要になると思います。


iPadは、PCとiPhoneと連携して使う方が、一番の真価を発揮できます。基本的に、iPadにデータを入れるには、iTunesというPCソフトを使う必要がありますが、iTunesの操作は色々制限されていて、面倒だと感じる人も少なくありません。今回紹介する方法は、転送ソフト「FonePaw iOS転送」を使って、iPadにデータを転送し、更にiPadの中のデータも簡単にパソコンに転送できる方法です。


FonePaw iOS転送」は、iTunesを使わずに、iPadに写真・音楽・動画・PDFなどのファイルを転送することができます。また、これらのデータを逆にiPadからパソコンへ転送することも可能。iPadだけではなく、iPhone・iPod touchにも対応しているため、これらのデバイスへデータを転送、つまりiPadとiPhoneを連携することもできます!


Windows Version DownloadMac Version Download

iPadのデータ・ファイルの転送手順


ステップ1、iPadの接続
「FonePaw iOS転送」をパソコンにインストールし、iPadを接続します。左側のメニューバーから、対応するデータが見られます。「メディア」は音楽や動画、ボイスメモなどのメディアファイル。その他にも、「プレイリスト」、「写真」、「連絡先」、「ブック」などのカテゴリがあります。

iPadの接続

ステップ2、データをiPadから転送
転送したいデータのカテゴリをクリックしてください。基本的に、どのカテゴリも同じ手順で、iPadからパソコンに転送できます。例えば、写真をiPadからパソコンに転送する場合、「写真」をクリックして、転送したい写真を選択し、「エクスポート」ボタンでPCにエクスポートします。

データをiPadから転送

音楽や動画などは、「iTunesライブラリーへエクスポート」をクリックすることで、iTunesへ転送することも可能。

iTunesへ転送

ステップ3、パソコンのファイルをiPadに転送
パソコンにあるデータも、iPadに気軽に転送できます。例えば動画ファイルを「追加」→「ファイル追加」の操作で動画を転送可能。

パソコンのファイルをiPadに転送

「ブックス」のカテゴリから、PDFなどの電子書籍を転送できます。

電子書籍を転送

ステップ4、iPadから別のデバイスへ転送
もしiPhone・iPod touchがお持ちなら、iPadと同時にパソコンと接続すれば、直接デバイスの間でデータを転送できます。

iPadから別のデバイスへ転送

「FonePaw iOS転送」の長所
FonePaw iOS転送」を使ってデータを転送するのは、iTunesの同期とは違い、既存のデータを上書きしたり、削除したりしません。あくまでファイルを「追加」する形で転送しています。また、欲しいデータのみ転送できるのも、「FonePaw iOS転送」の便利なところです。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   510   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾