X
年始年末セール

何年前のデジカメが主流の時と違い、今は直接スマホで写真を撮る人がたくさんいます。どこにも持ち歩ける軽さと、ますます進んでいる画素のおかげて、今ならスマホでも十分な画質で写真を撮ることができます。特にiPhoneは、その写真の良さが売り所になり、写真を撮るのが好きな人にとっては、とっても使いやすいツールになっています。


また、デジカメが流行り始めてから、パソコンでデジタルファイルの写真を見るのも普通になりました。ただし、大切な写真なら、アルバムに入れて、形にする方がしっくり来ると感じる人もいるでしょう。例えば子どもの成長を記録している写真を、アルバムを作って残します。または、現像させて、机に飾るなどなど。写真を現像させたら、データが消えても、写真だけは残します。


写真を現像させるには、まずはiPhoneの写真をパソコンへ取り込む必要があります。それからパソコンにある画像ファイルをUSBなどで持ち出し、コンビニなどで現像させます。今回は、「FonePaw iOS転送」を使って、iPhoneの写真を取り出して現像させる手順を解説します。

Windows Version DownloadMac Version Download

iPhoneの写真をを現像する手順


ステップ1、前準備
まずは、「FonePaw iOS転送」をインストールします。そして、iPhoneをパソコンと接続し、「FonePaw iOS転送」を起動します。同時に、USB・SDカードなどの持ち出し道具も、パソコンと接続させます。

「FonePaw iOS転送」をインストール

ステップ2、写真の取り出し
「写真」の項目をクリックすれば、iPhoneの全ての写真を閲覧することができます。上の「エクスポート」のボタンをクリックし、「PCにエクスポート」を選択します。そうしたら、同時に接続されたUSB・SDカードの保存先を指定することができ、iPhoneの写真をエクスポートします。

写真の取り出し

ステップ3、写真を現像
現像させたい写真を保存したUSB・SDカードをコンビニ、写真屋までに持ち出せば、直ぐに現像できます。


たくさんの写真を現像させたい時の便利さ
「FonePaw iOS転送」を使って写真をiPhoneから取り出す時の長所といえば、時間順で沢山の写真を処理できる点です。エクスプローラーからiPhoneから多数の写真を移動する場合は、フォルダ分けられ探しにくい点があります。「FonePaw iOS転送」なら、より分かりやすいインターフェースから沢山の写真をエクスポートさせ、写真を探す時間を大幅に短縮することができますので、ぜひお試しください!


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   472   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾