X
年始年末セール

Apple社の最新機種iPhone7が発売されて以来、最も注目されるのはiOS10の新機能です。そして、搭載された「写真」アプリも大幅に強化されて、よりよい体験を与えてくれました。例えば、「メモリー」というのは、分類した写真をスライドショーにする新機能で、好きな音楽をスライドショーのBGMにするのもできます。ほかには、「Markup」という画像編集機能も搭載されました。以前のバージョンと比べて、新たな編集機能が増え、操作も便利になってきました。


「写真」アプリの機能にもかかわらず、要らない写真や削除したい写真が必ずあります。でも、思わず残したかった写真まで削除してしまいましたこともあると思います。この場合、どうすれば写真を復元できるでしょうか。その方法はいくつがあります。


まず、iTunesでiPhone/iPad/iPod touchのデータをバックアップしたことがあり、復元したい写真も含まれたら、iTunesの経由で復元できます。デバイスをパソコンに接続し、iTunesで「復元する」をクリックして、簡単に済ませます。しかし、復元したあと、iTunesで新しく、バックアップしていないデータが消えてしまうようになります。これを注意してください。


また、iCloudのバックアップを確認した上で、iCloudから写真を復元するのも可能です。でも、バックアップしなかったら、この方法は通じません。それに、iCloud経由で、復元したあと、画像が表示されない場合もあります。


ならば、万が一撮ったばかりで、バックアップしていない写真を誤削除したら、復元はできますか?iTunesやiCloudバックアップから個別のデータだけを復元できますか?すべての答えはここにあります。


三つのモードでiPhoneから写真を救出する操作
モード1. iPhone本体から写真を復元
モード2. iTunesバックアップファイルから写真を復元
モード3.iCloudバックアップファイルから写真を復元


Windows Version DownloadMac Version Download


モード1. iPhone本体から写真を復元


iTunes及びiCloudでバックアップしなかった場合は、「FonePaw iPhoneデータ復元」を利用して、デバイス(iPhone 7/iPhone 6/iPhone 6sなど)本体から写真を復元することが可能です。「FonePaw iPhoneデータ復元」には、より迅速・完全なスキャンモードが搭載されています。また、iPhone全機種をスキャンできるので、iPhone7を持つ方は心配することはないのです。


ステップ1.パソコンに「」をインストールしてから、起動します。そして、USBケーブルでiPhoneデバイスをパソコンに接続して、デバイスのスキャンを始めます。

iPhoneデバイスをパソコンに接続


ステップ2.iPhone/iPad/iPod touchをスキャンしたあと、iPhoneにすべてのデータがカテゴリ別に分けられました。そこで、左側にある「カメラロール」で削除された写真も含め、デバイスにある全部な写真が見えるようになっています。そして、復元したい写真を選らんでください。

復元したい写真を選らんで


ステップ3.写真の選択が終わった後、右下の「復元」ボタンをクリックすれば、削除された写真を簡単に復元できます。

「復元」ボタンをクリック


モード2. iTunesバックアップファイルから写真を復元


iTunesでバックアップがあれば、このモードで写真を復元することもできます。もちろん、そのままiTunesを利用してもいいですが、iTunesの同期機能はあまり便利ではないから、同期したあと新しいデータが失ってしまいます。だが、このモードでは、復元したいデータだけ復元して、新しいデータに影響を与えないことができます。


ステップ1. 「FonePaw iPhoneデータ復元」ソフトをインストールしてから、ソフトを起動します。モード2をクリックすると、プログラムが自動的にiTunesのバックアップファイルを検出できます。復元したい時点のバックアップを選択して、「スキャン開始」をクリックします。

バックアップファイルを検出


ステップ2.スキャンが終わったら、「カメラロール」でファイルにある写真が全てみられます。そこで、じっくり写真を確認することができます。

写真を確認


ステップ3.復元したい写真を見つけて、選択します。それから、出力フォルダを指定してから、「復元」ボタンをクリックします。簡単なステップで写真を復活できます。

「復元」ボタンをクリック


モード3.iCloudバックアップファイルから写真を復元


iCloudでバックアップを作成したら、このモードでデータをパソコンでダウンロードして、復元することが可能です。


ステップ1.ソフトをインストールして、起動します。モード3.「iCloudバックアップファイルから復元」クリックして、iCloudのアカウントとパスワードを入力します。

iCloudのアカウントとパスワードを入力


ステップ2. iCloudにサインインしたあと、作成したすべてのiCloudバックアップファイルが表示されます。好きなバックアップファイルを選択して、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

「ダウンロード」ボタンをクリック


ステップ3.ダウンロードが完了すると、すべてのデータがカテゴリ別に分けます。「カメラロール」で復元したい写真を確認してから、「復元」ボタンをクリックします。保存先のパスを指定したあと、復元が始まります。

「復元」ボタンをクリック


iPhone7の「写真」アプリがよりよく体験を与えてくれました。きれいな写真で自分や家族の生活を記録して、いい思い出になります。そのため、写真の保存は大切なことです。もし写真が削除されたら、上記の方法で復元できます。でも、デバイスのみで保存するより、iTunesや転送ソフト(FonePaw iOS転送など)で写真をパソコンに送って、保存した方がお勧めです。


Windows Version DownloadMac Version Download



アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾