PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

    iPhoneのデータをiTunesでバックアップする場合、バックアップを暗号化する機能があります。この機能によって、iTunesバックアップは保護されます。それに、暗号化されたiTunesのバックアップファイルは、一般のバックアップファイルで含まれていないデータがいくつかあります。例えば、保存したパスワード、Wi-Fi設定、Webサイトの履歴、ヘルスケアデータ。

iTunesのバックアップを暗号化したい場合、バックアップする時に「バックアップを暗号化」オプションを有効にし、覚えやすいパスワードを入力すればいいです。でも、パスワードをかけると、バックアップを復元するときはパスワードが必要なので、パスワードを大切に管理しておかないと、いざというときにデータが復元できなくて困ってしまいます。iTunesで暗号化されたバックアップを復元する方法は、一般のバックアップを復元する方法とほぼ同じ、パスワードを入力するステップを増加しただけです。ここは、「FonePaw iPhoneデータ復元」を使って、暗号化されたバックアップから一部の復元したいデータだけを復元する方法を紹介しようと思います。ぜひ続けてご覧ください。


Windows Version DownloadMac Version Download

    iPhoneの暗号化されたバックアップを復元するには


ステップ1. 「FonePaw iPhoneデータ復元」をインストール
プログラムを上のボタンからダウンロードしてから、パソコンにインストールします。そいて、ソフトを起動し、メイン画面から「iTunesバックアップファイルから復元」を選択します。右側の画面から復元したいの暗号化したバックアップファイルを選んでスキャンしましょう。

ダウンロードとインストール

ステップ2.復元したいデータを復元
スキャンした暗号化バックアップのデータをプレビューしながら、復元したいデータを選んで復元しましょう。

復元したいデータを復元

ご注意:
パスワードがなければ、iTunesの暗号化したバックアップを使えなくなります。パスワードを設定する時、自分が覚えやすいものを設定するか、メモや日記帳などの場所に書き留めることをお薦めします。

関連文章:iCloudのバックアップの中身を確認・復元する方法



Windows Version DownloadMac Version Download

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾