X
年始年末セール

スマートフォンが主流になった今、iPhoneを使って動画を見るのはもう珍しくないことです。YouTube、Dailymotionなどの動画サイトや、自分で取ったビデオなどを鑑賞することも、簡単にできます。ところで、iPhoneの中にしか見れない動画を、どうすればiPhone、またはiPhoneと連携を取っているパソコンの方へ保存できのでしょうか。または、パソコンにある動画を、どうやってiPhoneに保存できるのでしょうか。今回は、はじめから最後までのやり方を説明したいと思います。

iPhoneの動画を保存するために、ソフトをツールとして使用することが必要です。今回使用するソフトは二つ。一つ目は、動画をネットからiPhoneに保存するツール、「FonePaw スーパーメディア変換」。二つ目は、動画をiPhoneからPCに保存するツール、「FonePaw iOS転送」です。どちらも作業の手間を省け、初心者向けの簡単な操作だけで目的を達成できる、便利なおすすめソフト。また、WindowsとMac両方に使用できるので、汎用性もバッチリ!早速、その手順を見てみましょう。



モード1:YouTube、FaceBookなどの動画サイトからiPhoneに動画を保存する


ステップ1、「FonePaw スーパーメディア変換」の起動
はじめに、ネットから動画を保存する方法について説明します。「FonePaw スーパーメディア変換」をパソコンにインストールし、起動します。そして、上のメニューバーから「ダウンロード」のボタンをクリック。

Windows Version DownloadMac Version Download

「FonePaw スーパーメディア変換」の起動

ステップ2、動画のURLアドレスをコピペ
「ダウンロード」ボタンを押してから、URLを貼ることができます。保存したい動画のURLを貼り、「分析」させれば、解像度が違う動画ファイルを保存できます。サイズが大きいほど画質がいいので、好きな方をチェックして、「確認」をクリックすれば、動画は保存リストに加われます。「FonePaw スーパーメディア変換」は、YouTube、Yahoo、Vimeo、Metacafe、Dailymotion、Vevo、FaceBookから動画をダウンロードできます。

動画のURLアドレスをコピペ

ステップ3、動画を保存
下の「プロフィール」から、「Apple iPhone」から、自分のiPhoneモデルを選択して、保存先を指定し、最後は右にある「変換」ボタンを押します。これでサイトからiPhoneに再生できる動画ファイルを保存できます。

動画を保存

モード2:動画をiPhoneとパソコンの間に保存する


ステップ1、「FonePaw iOS転送」を起動
モード1の手順で、動画をパソコンに保存しましたが、続きはパソコンからiPhoneに動画を保存する番です。「FonePaw iOS転送」を起動し、iPhoneをパソコンと接続します。

Windows Version DownloadMac Version Download

「FonePaw iOS転送」を起動

ステップ2、パソコンにある動画をiPhoneに保存
「メディア」のメニューから、「ムービー」の項目をクリックすれば、iPhoneにある動画の一覧が見えます。「追加」ボタンの「ファイル追加」、「フォルダ追加」で、単体または複数の動画ファイルを一気に保存できます。因みに、「FonePaw スーパーメディア変換」を使って形式変換していない動画でも、自動的にiPhoneに再生できる形式へ変換し保存されますので、別の方法で取った動画も問題なく保存できます。

パソコンにある動画をiPhoneに保存

ステップ3、iPhoneの中の動画をPCに保存
また、同じ画面から、パソコンに保存したい動画にチェックを入れれば、上の「エクスポート」ボタンから、「PCへエクスポート」と「iTunesへエクスポート」の機能で、パソコンとiTunesに保存できます。

iPhoneの中の動画をPCに保存

これで、iPhoneの動画保存方法を完全攻略!どれもとても便利なツールなので、組み合わせて使用することをおすすめします。


アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   755   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾