X

    iPhoneが壊れて端末を交換した時や新しいiPhoneに変更した時、iOSのアップデートに失敗した時には、バックアップがあれば、iPhoneを元の状態に戻すことができます。このことからわかるように、バックアップは重要です。また、バックアップさえあれば、iPhoneが盗難などの原因で手元にない場合でも、iTunesやiCloudのバックアップからデータを漁ることが可能です。

バックアップからiPhoneのデータを漁るなら、「FonePaw iPhoneデータ復元」をご利用ください。このソフトはiCloudバックアップでもiTunesバックアップでも中のデータを漁れます。メッセージ、連絡先、メモ、写真や動画など12種類に達するデータを漁ることが可能です。ほか、とても安全なソフトなので、情報を漏らしたりすることは一切ありません。ご安心ください。それに、ソフトの使い方も簡単で、詳しい手順は下記をご覧ください。


Windows Version DownloadMac Version Download

iPhoneのバッックアップからデータを漁る
モード1.iTunesバックアップからiPhoneのバッックアップデータを漁る
モード2.iCloudバックアップからiPhoneのバッックアップデータを漁る

ご注意を:下記の方法でiPhoneのバックアップからデータを漁るために、iPhoneをパソコンへ繋がる時はロックを解除してください。

モード1.iTunesバックアップからiPhoneのバッックアップデータを漁る


ステップ1.iTunesでバックアップを取った場合、このモードを選んでください。ソフトを起動した後、「iTunesバックアップファイルから復元」をクリックします。漁りたいバックアップを選んで、「スキャン開始」をクリックします。

モード1を選んで

ステップ2.スキャンが終わったら、検出したデータは全てプレビューできます。プレビューして確認ができたら、「復元」を押します。

「復元」を押す

モード2.iCloudバックアップからiPhoneのバッックアップデータを漁る


ステップ1.iCloudでバックアップしたら、このモードをご利用ください。モード3「iCloudバックアップファイルから復元」を選んで、iCloudのアカウントとパスワードを書き入れます。

「iCloudバックアップファイルから復元」を選ぶ

ステップ2.登録したら、自動的にバックアップファイルを読み込みます。漁りたいファイルを選んで、「ダウンロード」をクリックします。

「ダウンロード」をクリック

ステップ3.ダウンロードが終わったら、「FonePaw iPhoneデータ復元」が検出したデータをプレビューして確認しましょう。それから、復元したいデータにマークを付けて、「復元」ボタンをクリックします。

「復元」ボタンをクリック

    いざという時には、バックアップがあるとデータを救出することが可能です。ですから、定期的にバックアップを取ってください。また、「FonePaw iPhoneデータ復元」はバックアップのデータを救出できる使い勝手の良いツールです。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   644   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ