X
年始年末セール

    音楽を聴くのはお好きですか?インターネットを利用する時、きっとお好きな音楽をたくさんダウンロードしたのでしょう?そして、外出する時もそれらの音楽を聞けるために、iPhoneに入れますでしょう。普段は、iTunesで音楽を同期しますが、音楽ファイルがMP3ではない場合、iTunes経由で同期してもiPhoneで再生できません。これはちょっと不便です。

しかし、iTunesでの同期と違って、「FonePaw iOS転送」で同期する場合はmp3の形式ではなくても同期した後、iPhoneで再生することができます。ここで、iTunesを回避して新しい音楽を同期する方法を紹介します。

Windows Version DownloadMac Version Download


    iTunesで音楽を同期する方法


ステップ1.iPhoneをPCに接続
iPhoneをケーブル経由でPCに接続して、iTunesを起動します。そして、iTunesの左側で「iPhone」のボタンが見られます。それをクリックします。

iPhoneをPCに接続

ステップ2.画面上の方の「ミュージック」をクリックする。
続いてミュージックで「音楽を同期」の部分のチェックボックスをチェックします。
全ての音楽を転送したい場合は、「ミュージックライブラリ全体」をチェックすると、MP3形式の音楽ファイルがiPhoneに転送されます。
なお、選択した音楽だけを転送したい場合は、「選択したプレイリスト、アーチスト、アルバム、及びジャンル」をクリックして、iTunesの左側の「ライブラリ」の「ミュージック」をクリックし、転送したい曲のみチェックを入れてください。
最後に画面の下側にある「適用」をクリックしてから、パソコンからiPhoneに曲が転送し始めます。
「ミュージック」をクリックする
以上のステップによって、パソコンに保存されたお好きな音楽をiPhoneに転送することができます。ただし、iTunesで転送すると、音楽はmp3の形式ではない場合はiPhoneに転送できないです。もっと便利な方法があるかなと思う人が結構いるんでしょう。


「FonePaw iOS転送」で音楽を同期する方法


ステップ1.iPhoneをPCに接続
iPhoneを「FonePaw iOS転送」をインストールしたパソコンと繋いて、「FonePaw iOS転送」を起動します。
iPhoneをPCに接続


ステップ2. パソコンに保存された音楽を追加。
「メディア」をクリックします。「追加」をクリックしてから、パソコンに保存された音楽を選んで追加します。「FonePaw iOS転送」は自動的に音楽ををmp3のフォーマットに変換できますから、どんなフォーマットの音楽を追加してもいいです。)
「メディア」→「音楽」→「転送したい音楽を選択」を順にクリックすれば、iPhoneに音楽を同期することができます。

 パソコンに保存された音楽を追加    

    このように、問題なく音楽をiPhoneに同期されます。「FonePaw iOS転送」で音楽を同期するメリットはmp3の形式ではない音楽もiPhoneに追加することができ、そして直接的にiPhoneに転送することができるということです。とても使いやすいです。ぜひ、試してください。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   699   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾