iPhoneの写真をPCに読み込めるには、一般的な方法として、USBケーブルを使います。USBケーブルを利用し、USBポートと接続すれば、iPhoneは、USBメモリみたくマイコンピュータで表示されます。クリックすると、中には「DCIM」というフォルダがあります。

これらの写真データは、自由にPCにコピーできます。しかし、逆にPCからiPhoneへ読み込むには、そう簡単には行きません。エクスプローラーでのiPhoneからPCへの写真読み込みは一方通行で、パソコンの方から読み込めるには、画像を読み込みするソフトが必要です。

iTunesを使えば、指定されたフォルダを読み込めますが、一枚一枚の写真読み込みには不便。今回のおすすめソフト、「FonePaw iOS転送」なら、便利に欲しい写真のみiPhoneへ読み込み可能。


Windows Version DownloadMac Version Download

iPhoneへ画像を読み込めない時の解決法


ステップ1:iPhoneを接続
まずはやはり、USB経由でiPhoneをPCと接続します。そして、「FonePaw iOS転送」を起動します。

iPhoneを接続

ステップ2:写真をiPhoneに読み込む
「写真」をクリックすれば、「追加」というボタンから、PCのフォルダから写真をiPhoneに読込させます。

写真をiPhoneに読み込む

ステップ3:iPhoneからPCへ読み込み
「エクスポート」をクリックすれば、「PCにエクスポート」でiPhoneの方の画像をパソコンへ読み込むことができます!

iPhoneからPCへ読み込み
操作はとても便利で見やすいのでとてもおすすめ

アプリ・ネットの画像・写真が読み込めない
TwitterやLINEなど、またはネットのページから写真をiPhoneで読み込むとき、読み込めない時があります。一番の原因が、ネットのスピードが遅いからです。iPhoneが接続しているWi-Fiの状況を確認しましょう。


Windows Version DownloadMac Version Download

評価:  / 5  (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾