X
年始年末セール

WALKMANとiPodは、まさしく音楽プレーヤーの中の宿敵だと思います。一番主流な音楽プレーヤーとして、ずっと片方を使い続けるファンもいますが、途中から変更した人もいます。しかし、WALKMANとiPodも、AndroidとiPhoneのように、OSが違うだけではなく、PC側で使う管理ソフトさえ違います。WALKMANはx-アプリで、iPodはiTunesを使用します。これまで購入した、CDから取り込んだ曲を一からやり直しするのも面倒なので、直接x-アプリからiTunes、またはiPodへ転送する方法はないでしょうか。

著作権で制限された音楽はまだしも、CDから取り込んだ曲は、間違いなくパソコンの中に音楽ファイルが存在していますので、x-アプリからiPodへ転送するのは可能だと思います。また、PCにある音楽ファイルは、「FonePaw iOS転送」を使えば、便利にPCからiPodへ転送することもできます。


Windows Version DownloadMac Version Download

x-アプリからiPodへ音楽を転送する方法


ステップ1:x-アプリを起動
x-アプリを起動して、iPodへ転送したい曲を選択して、「編集」→「プロパティ」→「ファイル情報」→「場所」の順で確認すれば、いままでx-アプリに取り込んだ曲の居場所が分かります。


ステップ2:「FonePaw iOS転送」を起動
「FonePaw iOS転送」のソフトをパソコンにインストールして、iPodをパソコンと接続します。

iPodをパソコンと接続

ステップ3:x-アプリから音楽を追加
「メデイア」をクリックすれば、iPodの中の「音楽」を確認できます。「音楽」の項目をクリックして、「追加」ボタンをクリックします。そして、フォルダから先ほど確認したx-アプリの曲保存場所を選択し、iPodへ入れたい曲を選択して確認。

x-アプリから音楽を追加

そうすれば、曲は自動的にiPodへ取り込まれます。


注意事項
ATRC(.oma)の音楽をiPodで再生できなかった場合、個別に変換しましょう。ソニーが提供する無料ツール、Media Goは、公式に.omaファイルをMP3へ転換する機能に対応しています。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   965   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾