X
年始年末セール

iPhoneで作成・撮影された写真と動画は、標準アプリのカメラロールに入れられます。「カメラロール」は外部から取り込んだ写真や動画を保存せず、ただ自分で撮ったものを保存する仕組みになっています。カメラロールの写真や動画を取り出すには、基本的にiPhoneをパソコンと接続し、エクスプローラーからiPhoneの「DCIM」というフォルダからコピーすればいい話ですが、そううまく行かない時も多々あります。


たとえば、写真がありすぎて、フォルダの中のフォルダのどこにいるかが分からない場合は、とても頭が痛い状況です。そんな時におすすめしたいのは「FonePaw iOS転送」です。転送用ツール、「FonePaw iOS転送」を使えば、iPhoneのカメラロールから便利に写真を保存できます。また、時間順並び、複数選択可能などの特徴は、まとめて保存できるのも、「FonePaw iOS転送」の大きな長所になります。


Windows Version DownloadMac Version Download

iPhoneのカメラロールを保存する


ステップ1、iPhoneをPCに接続
iPhoneをUSBケーブルで接続すれば、「FonePaw iOS転送」は自動的にiPhoneを検出します。

iPhoneをパソコンと接続

ステップ2、カメラロールのファイルを選択
「写真」のカテゴリをクリックし、「カメラロール」の項目をクリックすれば、カメラロールの一覧が表示されます。写真と動画は時間順で同じ場所に表示されます。パソコンに保存したい写真や動画を選択し、「エクスポート」ボタンをクリックし、「PCにエクスポート」でパソコンに保存させます。

カメラロールのファイルを選択

簡単な操作でiPhoneのカメラロールからデータを保存することができ、さらに分かりやすいインタフェースで、多数の写真を保存する時も便利!まさに活用すべきオススメのツールです。


Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   910   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾