PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

「AirDrop」とは、iOS 7以降に導入されたApple端末向けのアプリです。AirDropを使えば、iPhoneとMacの間でファイルを便利に転送することができます。データのやり取りに使用する二台のAppleデバイスでAirDropをオンにすれば、写真・ビデオ・ファイルなどを含め、多種類のデータを数秒で1つのデバイスからもう一つのデバイスに送れます。iOSデバイスの間では、AirDropさえあれば、他のポータブルストレージデバイスを使用する必要はないと言っても過言ではありません。それはとても便利なツールで、おもわず「Android環境でもAirDropみたいなアプリがほしい」と考えてしまうAndroidユーザーもいますね。

なら、Androidデバイスで使える、AirDropと似て、スマホとiPhone、あるいは別のAndroidデバイス、さらにはMacBookとPCの間でのデータ転送を便利に実現できるアプリはありますか?この記事では、以上の考えを実現出来るいくつの方法を紹介します。

Android AirDrop

AirDropはAndroid環境に対応しているのか?

いいえ。AirDropはAndroidデバイスに対応していないため、iPhoneからAndroidスマホにAirDrop経由でファイルを送信することはできません。

AirDropの仕組みは、Bluetooth経由でP2P(ピアツーピア)のWi-Fiネットワークを作成し、Appleデバイス間でファイルを送信することです。iOSおよびmacOSのBluetoothの仕組みはAndroidのBluetoothの仕組みとは異なるため、Android環境でのファイル共有にAirDropを使用することはできません。

Android環境ではAirDropは使えませんが、Androidデバイスはは別の方法でBluetooth経由で近くのデバイスとファイルを共有することができます。たとえば、Androidビーム(NFC)とBluetoothを合わせて使用すると、一部のAndroidスマホの間で簡単にファイルの転送ができます。

Androidデバイスに対応できる、AirDropの代用品

前述の通り、iPhone BluetoothはAndroidに対応していません。つまり、AirDropのようなBluetoothを使用してファイルを共有する方法は、iPhoneとAndroidデバイスの間のデータのやり取りには使えません。

AirDropの代わりに、BluetoothなしでiPhoneとAndroidデバイスの間でデータのやり取りができるソフトがあります。たとえば、「FonePaw DoTrans」 は、USB接続を介してモバイルデバイス上のファイルを同期するのに役立つ便利なツールです。音楽、画像、ビデオ、連絡先、メッセージなど、あらゆる種類のデータの転送に対応しています。iPhoneからAndroidデバイスにデータを送るやり方はこちらです。

Dotrans

ステップ1:お使いのパソコンで「FonePaw DoTrans」をダウンロードし、インストールします。

「FonePaw Dotrans」無料ダウンロード
Windows Version Download

ステップ2:AndroidスマホとiPhoneを各自に対応するUSBケーブルでパソコンと接続します。パソコンがデバイスを認識できるように、iPhoneの提示ウィンドーに必ず「信頼する」を選択してください。

ステップ3:iPhoneを選択し、左側のバーでデータタイプ別のリストから転送したいファイルを見つけます。

ステップ4:Androidスマホに転送したいファイルにチェックを入れて、ターゲットデバイスとしてAndroidスマホを選択します。

ステップ5:転送プロセスがすぐに開始されます。転送完了後、AndroidスマホでiPhone送られたファイルを確認できます。

スマホ 写真転送

Androidデバイスの間で「AirDrop」する方法

Androidデバイスの間でAirDropのようなワイヤレスでファイルを共有する方法を探している場合は、以下で紹介されるアプリは役に立つかもしれません。Android環境のAirDrop代用品として、Google製とSamsung製の二つのアプリがあります。

Files by Google

Android環境のAirDrop代用品として、インターネットなしでファイルを高速に共有することが出来るFiles by Googleが挙げられます。ファイルアプリに組み込まれた高速ファイル共有機能を使用すれば、AirDropのように、インターネットなしでも近くにいるAndroidデバイスとデータのやり取りができます。Files by Googleを使ってデータのやり取りをする方法については以下を参考にしてください。

Files by Google

ステップ1:Playストアから両方のデバイスにFiles by Googleをダウンロードしてインストールします。

ステップ2:Files by Googleを起動し、両方のデバイスでWi-FiとBluetoothがオンになっていることを確認します。

ステップ3:ファイルを送る側のデバイスの右下にある「共有」をタップします。

ステップ4:送信側のデバイスで「送信」をタップし、受信側のデバイスで「受信」をタップします。

Files by Googleで転送

ステップ5:受信側のデバイスが送信側のデバイスで検出されると、送信側のデバイスの画面に受信側のデバイス名が表示されます。デバイス名をタップします。

ステップ6:受信側のデバイスに送信側デバイスの接続要請が表示されます。「受信」をタップします。

ステップ7:送信側のデバイスの画面にファイルリストが表示されます。上部からファイルの種類を選択して、送信したいファイルにチェックを入れます。

ステップ8:「共有」ボタンをクリックすれば、ファイルの転送が開始されます。

ステップ9:プロセスが完了したら、いずれかのデバイスで「切断」をタップして接続を切断して、アプリを終了します。

Samsung Quick Share

GoogleのFiles by Googleと同様に、Samsung製のGalaxyスマホ用AirDrop代用品もあります。Samsung Quick ShareはGalaxyスマホおよびタブレット向けのローカルファイル共有サービスです。この機能はBluetoothを使用して、接続されたデバイス間にP2PのWi-Fiネットワークを作成し、ファイルを共有することができます。つまり、Samsung製の「AirDrop」のようなものです。Wi-FiとBluetoothを使用することにより、Samsung製のスマホで別のスマホを検出し、ファイルを送信することができます。

Samsung Quick Share

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾