PC画面録画

PCのスクリーンの動きを録画して、音声付きの高画質動画として作成してパソコンに保存できます!録画前の設定と録画中の編集も可能です。

MacMaster

Macの状態を把握し、Macのデータ削除・整理に役に立つソフトです。

ジャンクファイルの削除、重複ファイルと類似写真の検索など便利な機能が備えています。

MacでのPDFファイルを暗号化すると、PDFファイルを開く時にはパスワードを入力する必要があるようになります。ここではMacでのPDFに暗号化を設定して保護する方法を解説します。

関連記事

無料・オンラインPDF圧縮ツールおすすめ
【Mac実用技】アプリを安全・徹底削除する方法

MacでPDFファイルを暗号化する方法


ステップ1、MacのPDFファイルを標準機能「プレビュー」で開いてから、「ファイル」「書き出し」の順でPDFファイルを書き出す画面に入ります。

プレビュー

ステップ2、書き出し画面で「詳細を表示」をクリックしてから、「暗号化」にチェックを入れて、そして「パスワード」欄と「確認」欄にパスワードを入力して「保存」を押すと簡単にPDFを暗号化することができます。

パスワード

MacでPDFファイルにパスワードをかけて非表示にする


PDFファイルに暗号化するだけではなく、PDFファイルを隠して非表示にするほうが安全だと考えている人もいるでしょう。そのため、ここではMacでのPDFファイルを隠して保護するやり方も紹介します。Macのプライバシー保護専門アプリFonePaw Hidataを利用すれば簡単に隠したいPDFファイルにパスワードをかけて非表示にすることができます。

Mac Version Download

ステップ1、PDFファイルにパスワードを設定

PDFファイルのパスワードを設定するというより、「FonePaw Hidata」のパスワードを設定することです。MacでインストールしたHidataを初めて起動する時、パスワードとヒントを入力して「ライブラリーを作成」を押してください。

FonePaw Hidata

ステップ2、PDFファイルをライブラリーに入れる

ライブラリーの左側リストの「ドキュメント」を押して、「+」ボタンや「追加」ボタンをクリックしてから、MacでのPDFファイルを入れてください。

ドキュメント 追加

ステップ3、PDFファイルを非表示にする

PDFファイルがライブラリーに追加された後、横にあるボタンでPDFファイルを非表示に変更できます。大量のPDFファイルを一括で隠したい場合には、ライブラリーでのPDFファイルを複数選択して、下部の「隠す」を押してください。

隠す

補足:左側リストで右クリックして、「フォルダを追加」を押せば、PDFファイルを保存するための新しいフォルダを作成することもできます。フォルダ単位でデータを隠したい時、ぜひやってみてください。

フォルダを追加

ステップ4、非表示にされたPDFファイルのロックを解除

隠されたPDFファイルを表示するには「FonePaw Hidata」をクリックしてから、設定したパスワードを入力して、暗号化された「FonePaw Hidata」のロックを解除する必要があります。ロックを解除した後、「FonePaw Hidata」に保護されているPDFファイルをチェックできます。

ロックを解除

MacでのPDFファイルを他人に見せたくない場合には、ぜひ上記の標準機能「プレビュー」と専門アプリ「FonePaw Hidata」を試してください。

Mac Version Download

評価:  / 5 (合計  人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾