X
年始年末セール

Macの使用中、システムの動作がおかしくなって、反応が遅くなった経験はありませんか?こんな時はユーティリティからMacのシステムをバックアップから復元するか再インストールしてはその問題の解決策になるかもしれません。本記事ではTime MachineのバックアップからmacOS全体を復元する方法とシステムを再インストールして復元する方法を紹介します。また、1つ簡単にMacで紛失したデータを復元できるアプリケーションも皆さんに紹介したいと思います。

macOS Sierra:Time Machine のバックアップからシステムを回復する方法


事前にバックアップを取ったことが有る場合、システムの不具合を直接全システム復元によって直すことが可能です。

1.Time Machine バックアップディスクを接続します。
2.アップルメニュー>「再起動」を選択して、Command キーと R キーを押したままにAppleロゴが出るまで待ってください。
3.「Time Machine バックアップから復元」で進みます。
4.日付で復元したいバックアップファイルを指定して、画面指示に従ってシステムを復元します。

Time Machine

macOS 再インストールしてシステムを復元する方法


バックアップが取っていないならば、システムを再インストールしてプロブレムを排除してみましょう。しかしこの方法はユーザー現在のデータを全部削除される場合がありますのでご注意を。

1.Macの電源が入れた直後、或いは再起動を始める時に「command + R」キーを押します。
2.表示されるユーティリティウインドウで「macOS を再インストール」を選択します。
3.Macのシステムをダウンロード・インストール完了まで待ちます。

再インストール

これまではmacOSユーティリティを利用して、Macに内蔵された復元機能を通じてシステムのプロブレムを排除する二つの方法でした。手順によってMacを普通に使えるように復旧しても、システムプロブレムを排除する途中で何か大切なファイルやデータを紛失する可能性があります。もしそうなったら、以下に紹介するアプリケーションでデータを復元して試しましょう。

Macのデータを復元する方法


もしうっかりしてMacから大事なファイルを削除したら、FonePaw データ復元というアプリケーションによって簡単に失ったファイルを取り戻すことが可能です。画像、オーディオ、ビデオ、Eメール、ドキュメントなど、色んなデータタイプが対応できるこのアプリをダウンロードボタンでダウンロードして、紛失データを無料スキャンして試しましょう。

Windows Version DownloadMac Version Download

1.「FonePaw データ復元」メイン画面から「Macデータ復元」「開始」ボタンで対応な機能に入りましょう。

Macデータ復元 メイン画面

2.次には復元したいファイルのタイプとハードディスクドライブの選択です。選択済んだら「スキャン」ボタンを押して選択するパスから削除されたデータの検索を始めます。

復元データ タイプ選択

3.最初のスキャンはクイックスキャンモードで行えます。選択されたハードディスクドライブから削除されたファイルを素早く検出することが可能です。もしクイックスキャンモードで復元したいファイルを検出できないならば、ディープスキャンモードでもう一度スキャンしてみましょう。

データスキャン中

4.スキャン完了後、検出されたファイルはカテゴリ別でリストされます。プレビュー画面上の検索バーを使ったらファイル名で復元したいファイルを探し出すことができます。アプリでファイルをプレビューして、確認した後「リカバリー」ボタンをクリックして失ったファイルを復元しましょう。

データ プレビュー

「FonePaw データ復元」でMacのデータを復元する手順は以上になります。簡単な4ステップ:「ファイルタイプ・ディスクドライブ選択」-「スキャン」-「プレビュー」-「復元」で削除されたファイルを取り戻すことが可能です。Macの初心者でもすぐ分かるインタフェイスでデザインされる本アプリに興味があれば、ダウンロードボタンを押して無料体験してみましょう!

Windows Version DownloadMac Version Download

アンケートにご協力ください。この記事は役に立ちましたか?現在   0   人の方が役に立ったと言っています。

FonePawブログ

弊サイトはお客様の利便性向上を目的としてクッキーを使用しております。詳細を確認承諾